Record China

ヘッドライン:

歌姫フェイ・ウォン、久しぶり登場、「ヘレナ・ルビンスタイン」がアンバサダーに起用

配信日時:2019年12月8日(日) 12時0分
拡大
7日、コスメブランド「ヘレナ・ルビンスタイン」のアンバサダーに起用された中華圏を代表する女性歌手のフェイ・ウォンが、上海市で行われた発表会に出席した。
(1/6枚)

2019年12月7日、コスメブランド「ヘレナ・ルビンスタイン」のアンバサダーに起用された中華圏を代表する女性歌手のフェイ・ウォン(王菲)が、上海市で行われた発表会に出席した。

その他の写真

ロレアル傘下の「ヘレナ・ルビンスタイン」は2000年に中国市場に参入し、昨年は女優ハン・シュエ(韓雪)を中国人タレントとして初めてアンバサダーに起用。さらに今回、フェイ・ウォンをワールドアンバサダーに迎え、上海市で発表会を開催した。中国版ツイッターの微博(ウェイボー)を通じたライブ中継では200万人を超えるユーザーがイベントの様子を見守り、さすがの影響力を示している。

フェイ・ウォンは近年、公式の場に出ることが非常に少なく、最近では今年9月に映画「我和我的祖国」の同名主題歌を歌い、そのMVに出演したのみ。生の姿を見せることがほとんどなかったため、大きな注目を浴びている。

フェイ・ウォンはすでに50代だが、スタイリッシュなイメージや凛とした美貌はかつてのまま。ライブ中継を見守ったユーザーからは、「いつまでもカッコよくて美しい」「さすがのオーラ」などの声が上がったほか、フェイ・ウォンとヘレナ・ルビンスタインの契約料は「きっと驚くべき数字だ」と金額にも高い関心が寄せられている。

なお、フェイ・ウォンの長女で歌手のリア・ドウ(竇靖童)も16年のデビュー以来、「リーバイス」や「SK-II」「プーマ」など数多くの人気ブランドにイメージキャラクターとして起用されている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング