Record China

ヘッドライン:

2022年北京五輪、急ピッチで作業が進む首鋼スキージャンプ台―中国

配信日時:2019年12月11日(水) 5時10分
拡大
北京市の首鋼スキージャンプ台では6日、圧雪車が助走路で作業をしていた。2022年北京冬季オリンピック競技会場となる首鋼スキージャンプ台は色鮮やかな照明に照らされ、夜のとばりに浮かび上がっていた。

北京市の首鋼スキージャンプ台では6日、圧雪車が助走路で作業をしていた。2022年北京冬季オリンピック競技会場となる首鋼スキージャンプ台は色鮮やかな照明に照らされ、夜のとばりに浮かび上がっていた。

首鋼スキージャンプ台は2018年12月に着工し、2019年10月31日に竣工。北京冬季オリンピックの北京会場で新規に建設される競技会場のうち最初に完成した。首鋼スキージャンプ台は助走路、審判塔、観客スタンドの三つの部分で構成されており、助走路は長さが164メートルあり、幅は最も広いところで34メートル、最高地点は高さ60メートル。選手たちはジャンプ台を滑り降りた後、宙返りや回転などの技術的動作を行う。北京冬季オリンピックの際には、首鋼スキージャンプ台で4個の金メダルが生まれることになる。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ユニバ金の元体操選手、再び窃盗で逮捕か、被害者名乗る人物がSNSに投稿=路上で芸売り生計立てるとかつて話題に―中国

2001年ユニバーシアード北京大会の体操金メダリスト、張尚武氏について、中国SNSのウェイボーに今年7月、「窃盗事件を起こして逮捕された」とする被害者を名乗る人物からの投稿があったことが分かった。写真は路上パフォーマンスをする張尚武氏。

Record China
2019年12月4日 19時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング