Record China

ヘッドライン:

東京五輪開催に「絶対反対」「日本おめでとう!」、ユーザーの意見はさまざま―中国版ツイッター

配信日時:2013年9月8日(日) 13時26分
拡大
8日、2020年夏季五輪が東京に決定した。今回の五輪開催地については中国のネットユーザも非常に高い関心を持っており、中国語版ツイッターでは早くも反対派、賛成派ともに多くの意見が寄せられている。資料写真。

2013年9月8日、国際オリンピック委員会(IOC)の総会が7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれ、2020年夏季五輪が東京に決定した。今回の五輪開催地については中国のネットユーザも非常に高い関心を持っており、中国語版ツイッターでは早くも反対派、賛成派ともに多くの意見が寄せられている。

反対派の意見は次のようなもの。

恥知らずな歴史観しかない日本がオリンピックの主催者なんて、絶対反対。

被爆の危険を冒してまで参加したい運動選手がいるものかな。

東京も北京と同じく世界有数の人口密度で交通渋滞も日常的に発生しているのに、こんなに大きなイベントを開催して大丈夫?

これに対し賛成派の意見は次のとおり。

予想どおり。日本のソフトパワーのレベルは高い。

東京五輪の招致ロゴってステキ。東京で良かったわ。

日本おめでとう!日本国民は多くの困難を経験してきた。大型プロジェクト開催でいっそう団結し、良くなっていってほしい。

客観的にいって、日本が開催地になると中国にとっても良い。時差も少ないし、観戦するのに徹夜も必要ない。貿易や観光などの面で中国経済にも良い影響があるだろう。(翻訳・編集/YM)

関連記事

五輪が残した貴重な遺産は金メダルにあらず、北京五輪は東京五輪に遠く及ばない―中国

20日、1964年に開催された日本初となるオリンピック東京大会を発展チャンスに切り替えた日本では体育・スポーツの普及が進み、国民の貴重な遺産となった。一方、北京オリンピックは中国に何か恩恵をもたらしただろうか。写真は北京五輪博物館。

Record China
2012年12月21日 16時35分
続きを読む

<在日中国人のブログ>古い建物との別れを惜しむ日本の「解体文化」、中国も学んでみては?

14日、華字紙・日本新華僑報の蒋豊編集長のブログに「中国も日本の『解体文化』を学べばよい」と題した記事が掲載された。写真は8月、解体が決まった北京の映画撮影所「北京電影制片廠」。映画「さらば、わが愛/覇王別姫」など多くの名作が撮影された。

Record China
2012年10月17日 23時28分
続きを読む

<海峡両岸ななめ読み>(7)「観光客はミタ」北京編1〜巨大消費空間の光と影

北京は巨大であり、「世界都市」の一つとして機能し始めていると言っていいだろう。そんな巨大な都市であるがゆえに、3年も経つとまるっきり面目を新たにしているところばかりだった。写真は王府井の街頭で住居立ち退きの不当性を訴える老婦人。

Record China
2012年8月12日 9時45分
続きを読む

ランキング