Record China

ヘッドライン:

香港問題めぐりカナダ議員が対中制裁動議提出の動き、中国大使が警告―中国メディア

配信日時:2019年12月8日(日) 12時10分
拡大
6日、観察者網は、香港の混乱についてカナダの国会議員らが中国への制裁案の動議提出を計画していることに対し、駐カナダ中国大使が「制裁すれば断固たる対抗措置を取る」と警告したことを報じた。資料写真。

2019年12月6日、観察者網は、香港の混乱についてカナダの国会議員らが中国への制裁案の動議提出を計画していることに対し、駐カナダ中国大使が「制裁すれば断固たる対抗措置を取る」と警告したことを報じた。

記事は、2日にカナダの複数の国会議員が香港の代表者と会談したとの報道を紹介した上で、国会議員2人がカナダ政府に中国へ制裁を加えるよう促す動議の提出を計画していると伝えた。

そして、カナダ駐在の叢培武(ツォン・ペイウー)大使が5日にモントリオールで取材を受けた際に「もしカナダ議会でそのような動議が可決されるようなことがあれば、それは中国の内政への干渉だ。われわれは断固反対する。両国関係に大きな損害を与えることにもなる。そして、非常に断固とした姿勢で対抗措置を講じる」と警告したことを伝えた。

叢大使は先月23日にもカナダ政府に対し、香港問題について米国に追従し香港のデモ隊を支持すれば、両国関係に「重大な損害」をもたらすと警告していた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

アメリカは香港干渉をやめるべき=新華社論評

 新華社通信は1日、「米国は人権を建前に香港問題や中国の内政に干渉する慣用手段をやめるべき」と題する論評を掲載しました。論評では「このほど、米国で『香港人権・民主主義法案』が成立したが、これはアメリカの慣用手段であり、人権と民主主義を建前にして覇権主義を貫き、香港の繁栄と安定、『...

CRI online
2019年12月2日 12時20分
続きを読む

【CRI時評】中国人はいかなる外部の威嚇にも絶対に屈服しない

 米国は先ごろ、大統領が署名することによりいわゆる「香港人権・民主主義法案」を成立させた。このことは、香港の過激な暴力犯罪分子を公然と後押しし、香港問題に甚だしく干渉し、中国の内政に甚だしく干渉する行為であり、国際法と国際関係の基本ルールへの重大な違反だ。香港を乱し中国の発展を牽...

CRI online
2019年11月29日 21時55分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング