Record China

ヘッドライン:

日本の大卒初任給が21万円を超える=「日本に行って働きたい」「中国の大卒初任給はむごくて目も当てられない」―中国ネット

配信日時:2019年12月7日(土) 16時10分
拡大
5日、中国メディアの新浪財経が、日本の大卒初任給が21万円を超えたことを伝えると、ネットユーザーから反響があった。資料写真。

2019年12月5日、中国メディアの新浪財経が、日本の大卒初任給が21万円を超えたことを伝えると、ネットユーザーから反響があった。

4日に厚生労働省が発表した統計データによると、この春、大学を卒業して就職した新入社員の初任給は平均21万200円で、前年比1.7%増となった。大学院卒は23万8900円だった。これを伝えた新浪財経は、「厚生労働省によると、景気回復と人手不足が給料に反映されていると思われる」と説明している。

このニュースに対し、中国のネットユーザーから「日本に行って働きたい」「先進国というのは自称でもなく発表するものでもない。実際の庶民の収入で分かる」などのコメントが寄せられた。

また、「給料は高いけど物価も高いからな」「日本の物価は少なくとも中国の3倍以上」「物価の高い国だからね。何度か外食して地下鉄に乗ったら給料はすっ飛ぶさ」との意見が多かったが、「日本の物価はそれほど高いとは思わない。ただ交通費は高い」というユーザーもいた。

ほかには、「中国の大卒初任給はむごくて目も当てられない」「(日本は)給料が高くて物価も高い。わが国のように物価が高くて給料が安いのとは違う。(中国の)庶民はどうやって生活するというのだ」というコメントもあり、多くのネットユーザーが中国の生活は大変だと感じているようだった。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国の若者は3年以内に仕事を辞める?アンケートで最も多かった転職理由は…

中国メディア・中国青年報が1984人の社会人を対象に行ったアンケートによると、全体の90%が「周囲に入社から3年未満で転職する若者が多い」と回答し、69.9%が「新人は仕事上での困難を克服することも勉強のうちだと理解するべき」と答えた。

Record China
2019年11月10日 15時50分
続きを読む

血液1滴でアルツハイマー病診断? 日本の研究チームの発表を中国ネット称賛「こういうニュースこそトレンドになるべき」「日本の医療技術に震撼」

名古屋市立大学などの研究チームは今月5日、1滴足らずの血液からアルツハイマー病かどうかを診断できる可能性のある検査法を発見した発表。中国のネットユーザーから称賛の声が上がった。資料写真。

Record China
2019年11月21日 16時20分
続きを読む

ランキング