Record China

ヘッドライン:

韓国、東京五輪で食材と共に放射線測定器を持参する計画―英メディア

配信日時:2019年12月5日(木) 12時20分
拡大
5日、中国メディアの中国網は、東京五輪に出場する韓国代表団が「選手の安全を守るため」として放射線測定器と韓国食材を持参する計画であるとする記事を掲載した。

2019年12月5日、中国メディアの中国網は、東京五輪に出場する韓国代表団が「選手の安全を守るため」として放射線測定器と韓国食材を持参する計画であるとする記事を掲載した。

記事は、英ロイターの4日付報道として「2011年の福島での放射性物質漏れにより現地の食べ物が汚染されている可能性を案じ、韓国が放射線測定器を購入するとともに、国産食材を日本へ輸送し、東京五輪に参加する韓国選手に供する計画」だと伝えた。

そして、「韓国のスポーツ・五輪委員会が示した計画で、コチュジャンをはじめとする多くの食材を日本へ輸送し、日本の検疫規定が厳しい食材についてはやむを得ず日本の現地で調達し、放射線測定器で放射線量を測定する予定だ」と紹介。また、福島で行われる野球やソフトボールの試合に出場する選手に対しては、現地の韓国レストランに食事を手配するつもりだとしている。

記事は、「11年3月の東日本大震災により福島第一原発で放射性物質が漏れ出す事故が発生して以降、韓国では放射性物資を含んだ汚染水の処理や現地の食品の安全性に対する関心や憂慮が高まっている。韓国政府は今年8月に東京五輪への参加を表明する一方で、選手の食材については自己調達する方針を示していた」と解説。一方で、「日本政府が発表しているデータでは、現地の食材に放射能汚染による危害の可能性はないことが示されるとともに、多くの国がすでに現地産食品の輸入規制を解除している」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング