Record China

ヘッドライン:

韓国の1人あたり国民総所得、65年でどれだけ増えた?

配信日時:2019年12月20日(金) 8時0分
拡大
19日、韓国・ヘラルド経済などによると、韓国の経済規模が朝鮮戦争休戦時の1953年の約4万倍に成長し、1人当たり名目国民総所得は500倍以上増加したことが分かった。写真はソウル。

2019年12月19日、韓国・ヘラルド経済などによると、韓国の経済規模が朝鮮戦争休戦時の1953年の約4万倍に成長し、1人当たり名目国民総所得(GNI)は500倍以上増加したことが分かった。

記事によると、韓国銀行は同日、国民所得統計の基準を2010年から2015年に改定する作業を終え、新たに編成した統計資料をウェブ上に公開した。国民所得統計は一国の経済力や国民の生活水準を表す経済指標で、変化した経済の現状を適切に反映するため5年ごとに統計編成基準を変更する作業が行われる。

新統計で昨年の韓国の1人当たりGNIは1953年(76ドル)に比べ503倍(3万3434ドル、約366万円)に増加した。旧統計では468倍だった。名目国内総生産(GDP)は1953年に比べ3万9665倍(477億ウォン→1893兆ウォン)に増加した。1954年から2018年までの年平均実質GDP成長率は7.2%で、旧統計に比べて0.1%上方修正されたという。

1人当たりGNIの増加率は年平均10%に達した。朝鮮戦争以降、平均7年ごとに1人当たりの所得が2倍増えたことになる。

韓国銀行関係者は「2010年代に入りドル基準の1人当たりGNI増加率が上昇したのは、実質所得増加率と物価上昇率の下落をウォン貨価値の上昇が相殺したため」と説明したという。

これに韓国のネットユーザーからは「これも全て朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領(1963年から1979年まで)のおかげ」「こんな国をつくってくれた朴正煕元大統領に改めて感謝したい」との声が上がっている。

一方で「現在の経済状況がひどいからってそんな昔と比べなくても…」「2000年度以降、もしくは3年前と比較して」「高麗時代と比べたらもっとすごい数字が出るよ」「ところで物価、税金はどう変わった?」「こんな成長を遂げたのに、今また朝鮮戦争時代に戻りつつある」などと指摘する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング