Record China

ヘッドライン:

今年の韓国ツイッター、多く登場した社会のキーワード2位に「不買運動」

配信日時:2019年12月10日(火) 17時20分
拡大
10日、韓国・ニュース1によると、韓国のツイッターに今年最も多く登場した社会分野のキーワードは「検察改革」だった。写真はソウル。

2019年12月10日、韓国・ニュース1によると、韓国のツイッターに今年最も多く登場した社会分野のキーワードは「検察改革」だった。

記事によると、ツイッターは同日、今年1月1日から11月15日までに言及されたキーワードを分析した結果を発表した。韓国の社会分野の2位は日本製品に対する「不買運動」で、3位以下には「自由韓国党(最大野党)」「粒子状物質」「ファストトラック」「首脳会談」「最低賃金」「ロウソク集会」「映画 キム・ジヨン」「フェミニズム」が続いた。

政治分野の1位は「曹国(チョ・グク)法相」で、昨年1位だった「文在寅(ムン・ジェイン)大統領」は2位となった。

これに韓国のネットユーザーからは「検察はこんなところで1位に選ばれて恥ずかしくないのか」と批判する声や「もっと楽しいワードがランクインしてほしい」「来年は粒子状物質がランクインしないといいな」と願う声が上がっている。

また、不買運動に関しては「韓国国民はよくやったということだよね?日本が反省しない限り不買運動は続く」「日本が降参するまで不買運動を続けるべきで、そのためには来年も言及し続けなければならない」と意気込む声が上がる一方で、「不買運動はすでに懐かしい言葉になっている」「不買運動は結局、文政権が支持率のためにSNSを使って広めたものだ」との声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の日本製品不買運動がついに下火に?=韓国ネット「習慣化しただけ」「やっぱり熱しやすく冷めやすい?」

30日、韓国・ソウル経済は、7月の日本による対韓国輸出規制強化措置をきっかけに韓国のインターネット上で拡散していた日本製品不買運動が「最近になって急速に下火になっている」と報じた。写真は韓国のセブンイレブン。

Record China
2019年10月1日 6時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング