Record China

ヘッドライン:

小学生が劇で「日本鬼子」演じるも、問題視されたのはそこじゃなかった―中国

配信日時:2019年12月4日(水) 14時30分
拡大
中国陜西省の小学校で演じられた劇でのある光景に、中国のネット上で注目が集まっている。2日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で頭条新聞や新京報といった中国メディアが伝えた。

投稿によると、 陜西師範大学のある附属小学校で行われた抗日劇と見られる出し物で、一部の児童が“日本鬼子(日本兵)”や“漢奸(売国奴)”に扮した。しかし、その児童らが首に赤いネッカチーフを着用していたことが問題視されたという。

中国において、赤いネッカチーフは共産党指導の児童指導組織・中国少年先鋒隊のシンボルであり、日本兵や売国奴を演じた児童が着用したことについて、一部では「中国の英雄の象徴であるハンカチーフをこのように用いたことは非常にばかげている」といった批判が寄せられたという。

現地の教育局はこの件に対し「故意ではなかった。赤いネッカチーフは児童が普段から身に付けているもの(中国の学校では優秀な児童や生徒に赤いネッカチーフが贈られることがある)で、(劇の前に)外す時間がなかっただけ」と説明したほか、「誤解がこのように広まってしまった。ネット上で見られているような言い分は少し大げさすぎる」などと不満を表したという。

中国のネットユーザーが今回の件について微博の投稿に書き込んだコメントを見ると、一部からは「ネッカチーフを外させるのにどれだけ時間がかかるって言うの?先生たちはもう少し気をつけるべきだったかも」「この学校の先生たちには中国史の知識がないのか?」などと学校側の姿勢を非難する意見が出た。

一方、ユーザーの大多数は、「このネタを暴露した人はよっぽど暇なんだな」「この子たちは指導者でも何でもないのに」「子どもたちが意図せずやったことを大人があげつらうなんておかしい」など、今回の事態は過度に問題視されていると捉えたようだった。また、「そもそも学校でこういう劇を演じさせるべきではない」との意見を述べたユーザーもいた。(翻訳・編集/岩谷)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「イメージ汚した」蒼井そらに“赤いネッカチーフ”付けさせた企業を共産党指導の組織が批判、中国ネットは「何が悪い」と反発

9日、観察者網によると、日本のタレント蒼井そらが中国でのイベントに登場した際、中国共産党指導の児童指導組織・中国少年先鋒隊のシンボルである赤いネッカチーフを着用していたことで、同隊がイベントを実施した企業を痛烈に非難した。

Record China
2018年8月10日 16時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング