Record China

ヘッドライン:

ショートトラックハンガリー代表選手が中国侮辱発言か、中国人ヘッドコーチが怒りの辞意表明―中国メディア

配信日時:2019年12月4日(水) 11時30分
拡大
2019年12月3日、中国メディアの澎湃新聞によると、スピードスケート・ショートトラックのハンガリー代表チームのヘッドコーチ、張晶(ジャン・ジン)氏が同日夜、自身のSNSアカウントを更新し、「代表チーム内の選手が中国を侮辱する発言をした」ことを理由に、ヘッドコーチの職を辞する意向を表明した。

記事によると、2018年平昌五輪男子5000mリレーの金メダリストであるチャバ・ブルヤンは2日、大会に出場するため訪れた上海での入国審査で1時間以上待たされたことを受け、SNS上で中国を侮辱する発言をしたという。

張氏は投稿で、自身について「中国スケート協会の支持の下、中国とハンガリーの友好関係のために12年からハンガリー代表チームを丸8年率い、同国に初めてとなる歴史的な五輪金メダルをもたらした」などとした上で、「ハンガリー代表チームのメンバーかつ同国の五輪金メダリストによる中国侮辱発言を受け入れられない」とし、ヘッドコーチの職を辞する意向を表明。ハンガリースケート協会の公式謝罪も求めた。

張氏はその後、澎湃新聞の取材に対し、チャバ・ブルヤンはすでにチームから出場禁止処分を受け帰国させられたことを明らかにしたという。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「文化的に無神経」国際バレーボール連盟、中国でつり目ポーズのアルゼンチンに説明求める―中国メディア

バレーボール男子の国際試合で、中国に勝利したアルゼンチンの複数の選手がいわゆる「つり目ポーズ」をとって喜びを表現したことについて、国際バレーボール連盟は13日、アルゼンチンのバレーボール協会に説明を求めたことを明らかにした。資料写真。

Record China
2019年8月15日 23時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング