Record China

ヘッドライン:

香港特区政府が今後10年間で公営住宅24万戸以上提供の計画明らかに―中国メディア

配信日時:2019年12月3日(火) 23時40分
拡大
香港特区政府運輸・不動産局の陳帆局長は2日、今後5年間で計10万戸の公営住宅を建設し、今後10年間で24万戸以上の公営住宅を建設するという計画を明らかにした。新華社が報じた。

公営住宅を望む市民の切実な要望に対応するため、特区政府が2018年12月に発表した「長期住宅戦略2018年進度報告」には、公営住宅の供給率を高める方針が盛り込まれた。具体的には、公営住宅と市営住宅の供給比率をこれまでの6対4から7対3に調整し、公営住宅の今後10年間の供給目標を約4万戸上方修正し、計31万5000戸とすることを定めた。

陳局長は、「特区政府は、今後10年で24万8000戸の公営住宅を供給する計画だが、供給目標の31万5000戸とはまだ隔たりがある。特区政府と香港不動産委員会は、より力を入れて、多面的かつ同時に事業を進め、可能な限り早く、公営住宅を増やしていきたい」としている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング