Record China

ヘッドライン:

若手IT起業家の陰で躍進する中国の“家族経営”企業、その3つの特徴とは―米経済誌

配信日時:2019年12月5日(木) 6時0分
拡大
11月30日、米経済誌フォーブスのサイトに、「中国人の若いIT起業家が注目を集める中、億万長者の“家族経営”企業も躍進を続けている」と題した記事が掲載された。12月2日付で中国メディア・環球時報が伝えた。

記事は、11月6日に同誌が発表した「中国富豪ランキング400」の結果を基に、「米国や欧州に比べ、中国におけるトップクラスの家族経営企業では、その創始者が今でも実権を握っているケースが多い。若いIT企業家が増加する中、そういった中国の“初代”経営者らは基本的に50歳を超えている」と指摘。今年のランキングに登場した家族経営企業に見られる三つの傾向を挙げた。

まず一つ目を、「大多数が成長のチャンスを迎えていること」とし、「多くの家族経営企業は製造業や農業と言った伝統的な分野に従事しており、その歴史は20世紀の経済改革初期にまでさかのぼる。PwCが中国の家族経営企業に関して行った調査によると、77%の回答者が『業界をリードするためのイノベーションを起こすに当たり、課題に直面している』と答えた」と紹介した。

続いて二つ目を、「若い第2世代の家族メンバーが管理職に就いていること」とし、「第2世代の企業家の中には、企業の変革を促すだけでなく、企業管理そのものを引き継ぐケースもある。また、その間を取って、初代経営者が企業戦略を練り、第2世代がその運営を担うというケースも見られる」と指摘した。

そして三つ目を、「女性企業家が多いこと」とした。記事は、「女性企業家らの社会的な影響力もますます強まっている。昨年米クレジットカード大手のMasterCardが発表した『女性企業家指数』によると、中国の女性企業家の割合は23%で世界33位となった。一人っ子世代が資産を引き継ぐ時期に差し掛かっていることを受け、より多くの女性後継者が登場している」と説明した。

記事は最後に、「大規模なIT企業の成長が最大の注目を集めているが、経済がめまぐるしく転換している中国で、家族経営企業も絶えず変化し、チャンスをつかみ続けている」とした。(翻訳・編集/岩谷)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

退任のアリババ馬会長が全社員に贈ったお酒がすごい

中国電子商取引最大手アリババ集団の創業者で、自身の55歳の誕生日に合わせて10日に会長職から退いた馬雲(ジャック・マー)氏が、全社員に「メッセージを述べる馬氏の姿が瓶に浮かび上がるスパークリングワイン」を贈った。

Record China
2019年9月13日 12時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング