中国のHIV感染者は95万8千人、その感染状況は「低度の流行」レベル維持

人民網日本語版    2019年12月2日(月) 16時0分

拡大

国家衛生健康委員会疾病コントロール局はこのほど、「輸血によるHIV感染事例は現在ほぼ皆無となり、静脈注射による薬物常用者間感染および母子感染のケースも有効的にコントロールされており、性的感染が現在の主要感染ルートとなっている」ことを明らかにした。

国家衛生健康委員会疾病コントロール局はこのほど、「2019年、中国のHIV予防・治療事業は新たな進展を得た。輸血によるHIV感染事例は現在ほぼ皆無となり、静脈注射による薬物常用者間感染および母子感染のケースも有効的にコントロールされており、性的感染が現在の主要感染ルートとなっている」ことを明らかにした。新華社が伝えた。

同局はその予防・治療事業には著しい進展が見られたとし、さらなる検査の強化と治療方法の革新策を通じて、可能な限りHIV感染者の発見・治療を進める方針だとしている。2019年1月から10月までに、国内でHIV検査を受けた人は延べ2億3千万人、新たに感染が確認された人は13万1千人、新たに治療を受けた患者は12万7千人にそれぞれ達した。また、全国で治療対象となる条件を満たす感染者のうち、治療を受けた人の割合は86.6%で、治療の成功率は93.5%にそれぞれ達した。2019年10月末の時点で、全国で確認されているHIV感染者は95.8万人で、HIV感染状況は総じて、「低度の流行」レベルを維持している。

このほか、国家衛生健康委員会は、性的感染の減少や母子感染の撲滅といった事業に重点を置き、若者や学生など感染ハイリスク群にフォーカスし、項目別の対策措置を進めている。(編集KM)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携