Record China

ヘッドライン:

韓国スポーツの「病原」は韓国社会の中にある―中国メディア

配信日時:2019年12月2日(月) 16時50分
拡大
中国メディアの新民晩報は11月30日、「韓国スポーツの黒歴史に新たな問題」と題した記事を掲載した。

記事は、「人口わずか5000万人ほどの韓国は、スポーツにおいて数々の奇跡を生み出している」と指摘。五輪では、1988年のソウル大会でアジアトップ、全体で4位となる12個の金メダルを獲得したこと、その後は数を減らしたものの2008年の北京大会と12年のロンドン大会では13個の金メダルを獲得したことを挙げた。また、世界的なスポーツであるサッカーについても、「韓国はこれまで10度ワールドカップ(W杯)本大会に出場し、02年の日韓大会ではベスト4に入ったほか、10年の南アフリカ大会ではベスト16に進出した」と伝えた。

一方で、「韓国のスポーツ界には大きく分けて二つの問題がある」と指摘。一つは腐敗であるとし、「サッカーや野球、テコンドーなどの競技において、いずれも過去に腐敗が明らかになった」とした。もう一つは選手に対する暴力で、「初めは注目を集めていなかったが、今年初めに被害選手が声を上げた(ショートトラック韓国代表シム・ソクヒが元コーチからの性的暴行被害を訴えた)ことで世論に火がついた。韓国国家人権委員会が委員会を設置して調査したところ、得られたデータは驚くべきものだった」と伝えた。

韓国国家人権委員会が今年7月22日から8月5日に実業団などに所属する選手1251人を対象に行った同調査では、言葉の暴力を受けたことがある人が33.9%に上ったほか、身体的な暴力を受けた人は15.3%、性的な暴力を受けた人は11.4%だった。

記事は、「輝いているように見える韓国スポーツ界はなぜこんなことになってしまったのか」と疑問を提起。その原因として三つを挙げた。

まず、「コーチの権限が強すぎる」こと。記事は、「多くの選手にとって、子どものころからコーチの存在は絶対的で、練習だけでなく食事や睡眠についても指示に従う。こうしたモデルが良からぬコーチにチャンスを与えてしまう」とした。

次に、「選手の立場が相対的に弱い」こと。記事は、「韓国ではスポーツ選手にかかる競争圧力は相当に大きい」と指摘。「14年の調査で女性アスリートの14%がコーチからセクハラを受けていたが、そのうち70%は選手生活に影響することを恐れて口を閉ざしていた。選手の親も、真相を知っても告発をあきらめる」と説明した。

最後に、「社会の雰囲気」を挙げた。記事は、「韓国には『権威を尊重し、権威に従う文化』がある」とし、「能力によってではなく年齢や経歴などによって形成された権威が、若者たちにやるせなさや絶望を感じさせている。こうした(社会の)雰囲気がコーチに自分を正当化させ、選手の権利保護の障害になっている」と指摘した。

そして、「韓国スポーツ界が病気にかかっているのは疑いようがない。しかし、“病原”は韓国スポーツ界だけでなく、韓国社会の中にある。これを取り除くには、韓国政府と国民の長期の努力が必要になるだろう」と論じた。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国人男性がC・ロナウドのユニフォームをビリビリに破る動画投稿=中国ネット「それでもサッカーファンか」「だからロナウドは…」

28日、新浪体育によると、クリスティアーノ・ロナウドが遠征先の韓国で試合に出場せず物議を醸している問題で、韓国人男性がロナウドのユニフォームをビリビリに引き裂く動画を投稿した。

Record China
2019年7月29日 7時7分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング