Record China

ヘッドライン:

韓国メディア、半沢直樹の“倍返し”さえも日本批判に利用―中国紙

配信日時:2013年9月4日(水) 16時22分
拡大
4日、中国メディア・環球時報は、慰安婦問題や竹島問題で日韓関係が冷え込む中、韓国メディアが日本の人気TVドラマ「半沢直樹」を取り上げて日本批判の材料にしていると報じた。写真は中国の動画サイトで流通している中国語字幕付きの「半沢直樹」動画。
(1/2枚)

2013年9月4日、中国メディア・環球時報は、慰安婦問題や竹島問題で日韓関係が冷え込む中、韓国メディアが日本の人気TVドラマ「半沢直樹」を取り上げて日本批判の材料にしていると報じた。

その他の写真

8月30日付の韓国紙・中央日報は、「半沢直樹の『倍返しだ!』…今の日本社会を反映?」と題した記事を掲載した。それによると、“倍返し”とはもともと、バレンタインデーに女性からプレゼントをもらった男性がホワイトデーに“倍返し”するという、80年代に日本のカップル間で流行した行為が起源であると解説。

それが今ではまったく異なった意味「やられたらやり返す。“倍返し”だ」として使われており、最近の日本社会のイライラとした、殺伐とした一面を映し出していると批判した。

これ対し、日本メディアは「これはいちゃもんであり、故意に問題視しているに過ぎない。大ヒットしている“半沢直樹”にかこつけて、日本を侮辱している」と反論。さらに、「日韓関係の悪化にともなって韓国メディアの日本叩きはますます激しくなっており、故意に事実を歪曲することさえある」と指摘した。その実例として挙げたのが、中央日報が8月30日付で報じた「日本放射能恐怖で…120席のタラ鍋食堂に客わずか10人」との記事。文中で、「ソウル市内のレストランの客足が減ったのは、福島第一原発の汚染水問題が原因」と論じている。(翻訳・編集/HA)

関連記事

「もし日本が韓国を攻撃すれば、米国はどちらの味方につくか?」日韓でネット論争に―中国メディア

17日、韓国SBSテレビは11日、日本の右傾化に関する番組を放送し、「もし日本が韓国を攻撃すれば、米国はどちらの味方につくか?」との疑問を投げかけた。これを受け、ネット上では日韓双方のユーザーが意見を交わしている。資料写真。

Record China
2013年8月18日 16時57分
続きを読む

韓国軍が秘密裏に竹島の防衛演習を実施、日韓関係がさらに悪化するおそれ―中国メディア

17日、韓国軍が6月末に竹島(韓国名・独島)で防衛演習を実施していた事実を、韓国国防部が15日に認めた。この発表の遅れは日米に対する韓国政府の不信感の表れであり、同時に頻繁に竹島付近に出現する自衛隊に対する警告ではないかと指摘する声もある。資料写真。

Record China
2013年8月18日 13時55分
続きを読む

<竹島問題>島しょをめぐる日韓の議論、教育は“子ども時代より始めよ”―中国紙

14日、環球時報は記事「島しょをめぐる日韓の議論、教育は“子ども時代より始めよ”」を掲載した。竹島(韓国名は独島)をめぐる日韓の争いだが、どうやら次の世代まで引き継がれることになりそうだ。両国はともに子ども世代への教育を推進している。資料写真。

Record China
2013年8月15日 12時40分
続きを読む

ランキング