Record China

ヘッドライン:

中国の高速鉄道が年内に世界最長の3万5000キロに―中国メディア

配信日時:2019年12月3日(火) 8時10分
拡大
29日午前、高速列車G6817便が湖北省武漢市の漢口駅から、同省十堰市に向かって出発し、同路線が開通した。中国の「八縦八横」高速鉄道網において、同路線は、中国の中部地区と北西地区を結んでいる。人民日報が伝えた。

12月1日、中原地区で、京港旅客専用線の商丘-合肥区間、鄭州と阜陽を結ぶ鄭阜高速鉄道、鄭渝高速鉄道の鄭州-襄陽区間の3路線が同時に開通した。

今年年末の時点で、中国の鉄道の営業距離は計13万9000キロ以上に達する見込みで、うち、高速鉄道は世界最長の3万5000キロだ。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国人が「日本旅行」をひっそり再開?

4日、韓国・毎日経済は、「日本ボイコット運動が続く中、一部の若い世代を中心に安い航空券を利用して趣味を満喫したりショッピングを楽しんだりする『隠れ日本旅行』がひっそりと再開されている」と伝えた。写真は湯布院。

Record china
2019年11月7日 6時40分
続きを読む

新幹線は日本の鉄道外交の中心から離れる―外交専門メディア

アジア太平洋の外交・安全保障問題専門のオンライン雑誌、ディプロマットは23日付の記事で、「東南アジアにおける日本の高速鉄道プロジェクトの最近の発展は、新幹線が鉄道外交の中心を離れることを示唆している」と報じている。写真はジャカルタの鉄道。

Record china
2019年10月31日 10時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング