Record China

ヘッドライン:

世界のぜいたく品消費、中国人が35%を占める=中国ネットの反応は?

配信日時:2019年12月2日(月) 7時30分
拡大
2019年11月29日、中国メディアの時間財経は、世界のぜいたく品消費の35%を中国人が占める見込みだと伝えた。

記事は、ベインキャピタルが28日発表したデータによると、19年の世界のぜいたく品販売額は3100億ドル(約34兆円)となる見込みだと紹介。為替による変動を考慮に入れないと前年比4%増で、昨年の6%増と比べると成長はやや緩慢になったと指摘した。ベインキャピタルは、「中国人消費者は、現在ぜいたく品市場の35%を占め、今年の成長率のうち約90%に貢献する見込み」と分析しているという。

これに対し、中国のネットユーザーから「私は全く貢献していない」「貢献度はゼロだな」「すみません、私はみんなの足を引っ張っています」などのコメントが寄せられた。

また、「ロンドンのブランド店で買い物をしているのは、中東の人か中国の人」「つまり、中国人はメンツを愛するランキングでトップクラスだということを説明している」との指摘もあった。

ほかには、「いつになったら中国からぜいたく品のブランドが出るのだろう」「私は稼ぐお金は少ないが、節約はしている。今日もマセラティを見たが買わなかった。これで200~300万元(約3000万~4500万円)の節約になる」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

世界のぜいたく品の3割を中国人がお買い上げ、90年代生まれの貢献が半分近く=「同じ90年代生まれでも私は全く貢献できていない」―中国ネット

25日、Vista看天下は、世界のぜいたく品の売上の3割を中国人が占めており、このうち1990年代生まれの若者の貢献が半分近くに上ると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2019年7月1日 21時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング