Record China

ヘッドライン:

一人あたり消費量世界一、インスタントラーメンは韓国人の主食―中国メディア

配信日時:2013年9月4日(水) 18時3分
拡大
3日、韓国の農心株式会社中国研究所の高敏浩(コ・ミンホ)所長は、中国経済網のインタビューで「韓国ではインスタントラーメンは主食として食べられることが多い」と語った。写真は中国で売られている辛ラーメン。
(1/2枚)

2013年9月3日、韓国の農心株式会社中国研究所の高敏浩(コ・ミンホ)所長は、中国経済網のインタビューで「韓国ではインスタントラーメンは主食として食べられることが多い」と語った。

その他の写真

韓国食品業協会が今年1月に発表した統計によると、韓国は2012年のインスタントラーメン消費量で世界第6位となっており、世界全体の消費量の約3.6%を占めている。年間で一人あたり約71袋のラーメンを消費しており、目下一人あたりの平均消費量は世界第1位である。

これについて高氏は、「日本ではカップ麺が多いのに対し、韓国のインスタントラーメンは大部分が袋入り麺である。韓国ではおやつとしてだけでなく、多くの家庭で主食として消費されている。このことも韓国が他国より多くのラーメンを消費している理由となっている」と語った。

韓国のインスタントラーメンは、辛味と牛肉スープ味を特徴とする農心の「辛ラーメン」が50%のシェアを占め、他に海鮮ラーメンなどもある。

高氏によると、1963年に日本からインスタントラーメンの製造技術を導入して以来、韓国では袋入り麺が主流だという。韓国ではアウトドアでカップ麺を食べることもあるが、家では袋入り麺を食べることが多いという。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

米国のラーメン通、日・中・韓の即席麺を斬る<前編>「欧米人には韓国のものがイチバン」

3日、米国人でありながら有名なラーメン通であり、インスタント麺の評論ブログ「The Ramen Rater」を運営するハンス・リーネッシュさんが、レコードチャイナ編集部の取材に答え、アジア各国のインスタント麺に対する評価や思い入れを語ってくれた。

Record China
2013年9月3日 21時50分
続きを読む

米国のラーメン通、日・中・韓の即席麺を斬る<後編>「食糧問題にも関わる日本の偉大な発明」

3日、米国人でありながら有名なラーメン通であり、インスタント麺の評論ブログ「The Ramen Rater」を運営するハンス・リーネッシュさんが、レコードチャイナ編集部の取材に答え、アジア各国のインスタント麺に対する評価や思い入れを語ってくれた。

Record China
2013年9月3日 22時0分
続きを読む

ランキング