Record China

ヘッドライン:

【動画】なぜゴールしない!?直前で足踏みする2人、中国マラソン大会がまた物議

配信日時:2019年11月30日(土) 11時20分
拡大
2019年11月27日、中国メディアの看看新聞によると、安徽省で行われた国際ハーフマラソン大会で、最下位争いをした2人の選手がわざとゴールしない一幕があった。

記事によると、24日に同省銅陵市で行われたハーフマラソン大会で、赤いウエアと黒いウエアを着た2人のランナーがゴール手前で足踏みをし、制限時間ギリギリになってようやくゴールするシーンがあった。赤ウエアの選手が先にゴールしたが、わずかに遅れた黒ウエアの選手は制限時間外のゴールとみなされ失格に。赤ウエアの選手が完走者の中で最下位となった。

2人の選手が最下位を争った理由として、記事は、最後まであきらめずに走りぬいた精神を称え、最下位の選手を表彰する大会規定があったことを挙げている。

新浪新聞の28日日付報道によると、「念願の最下位」となった赤ウエアの選手はSNS上で「最下位になって表彰されたことで給料も増えた」などと自慢しているとのこと。一方で、大会運営委員会は何らかの措置を講じる姿勢を示しているという。

表彰目当てのスポーツマンシップにもとると取られかねない行為に、中国のネットユーザーは「こんな大人が恥ずかしい」「あからさますぎる」「これは迷惑行為」「罰としてもう1回走らせろ」「なんか哀れだな」といったコメントを寄せた。

また、「われわれ中国人は、さまざまなルールを最大限利用するのが上手だから」という皮肉めいた感想も出ている。

さらに、昨今中国各地のマラソン大会でショートカットや自転車使用などの不正行為が後を絶たない状況に関連して「今のマラソン大会は本当にごみ…全然スポーツじゃない」と吐き捨てるユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

北京国際マラソン出走権高額転売、組織委「見つけたら終身出場停止処分」―中国紙

11月3日に開催される北京国際マラソンの出走権がフリマアプリなどに高値で出品されていることについて、大会組織委員会は声明で、「見つけた場合、終身出場停止を含む制裁を科す」ことを明らかにした。写真は北京国際マラソンの参加ランナー。

Record China
2019年10月21日 22時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング