Record China

ヘッドライン:

「トランプ式計算」に仰天させられる韓国人―中国メディア

配信日時:2019年11月29日(金) 6時0分
拡大
2019年11月28日、新浪新聞は、トランプ米大統領による「計算」が、韓国人にショックを与えるとする記事を掲載した。

記事は、トランプ大統領がこのほど示した金銭や人の命にかかわる「計算」に、韓国人が驚き肝を冷やしていると紹介。その1つめとして「朝鮮半島でもし戦争が始まれば、3000万~1億人が死ぬ」との数字をトランプ大統領が示したことを挙げた。

そして、トランプ大統領による「南北国境線付近にあるソウルには3000万人の人口があり、かたや北朝鮮には大砲が1万基ある。核兵器を用いなかったとしても人類史上に残る惨劇になる」という説明とともに、韓国と北朝鮮の人口が計7620万人であり、「トランプ大統領の予測では戦争が起きれば1人も生き残らないことになる」としている。

また、2つめの「計算」として、在韓米軍の費用問題に関する数字を提起。トランプ大統領が怒り交じりに「4万人の在韓米軍に対し、45億ドル(約4900億円)の費用を払え」と要求したことを紹介した。

その上で、「オバマ前大統領政権期に韓国が負担する在韓米軍費用は毎年7~8億ドル前後だったにもかかわらず、トランプ政権になってその額は爆上げしており、現在の交渉では米国側が50億ドルの負担を求めてきている」とした。また、在韓米軍の正確な人数は約2万8000人であるにもかかわらず、これを4万人と断言してしまうのが、トランプ式の「数学」なのだと伝えている。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

GSOMIA問題で米国に「韓国への不信感」広がる?

25日、韓国・東亜日報は「米国で日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)問題により米韓の信頼関係に対する懸念の声が広がる中、韓国が中国に密着する可能性を危惧する声も大きくなっている」と伝えた。資料写真。

Record China
2019年11月27日 11時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング