Record China

ヘッドライン:

子どもに心肺蘇生法を教える日本の学校、中国ネット「われわれも学ぶべき」「うちの学校にもあれば…」

配信日時:2019年11月28日(木) 21時20分
拡大
2019年11月27日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、日本の学校でAED(自動体外式除細動器)の使用方法や心臓マッサージの訓練が行われているとする動画記事を掲載した。

動画では、AEDの存在は知っていたとしても、その使い方に関する知識は必ずしも浸透しておらず、近ごろでは中学校でAEDの使い方を教える動きが出ていると紹介。東京都内の中学校で実施された講習では、AEDの操作方法や電気ショックを与えるパッドの貼り付け位置などに関して実習指導が行われたほか、心臓マッサージのやり方についても体験したと伝えている。

そして、自宅で心筋梗塞を起こした父親を、授業で習った心臓マッサージで救った経験を持つ中学生が「学校で習ってなかったら、何もできなかったと思う」と語ったことを紹介した。

日本の学校での取り組みについて、中国のネットユーザーは「われわれもこういういいところを学ぶべきだ」「自分たちの学校にもこんな講座があったらいいと思う」「日本のバスや地下鉄には至る所にAEDがあるもんね」「この面でのわれわれとの差は大きいな」などの感想を残した。

また、自国の状況について「中国社会にはこういう知識が本当に不足している」「学校の軍事訓練で救急訓練をやったけど、みんな適当だったもんな」などと嘆き、中には「わが国で普及するのはスローガンだけ」といった皮肉も見られた。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング