Record China

ヘッドライン:

北朝鮮メディア「耐え難き侮辱」、慰安婦問題で日本を批判―中国メディア

配信日時:2019年11月28日(木) 18時10分
拡大
北朝鮮メディアの朝鮮中央通信が日本のいわゆる「慰安婦」問題について「歴史の事実を隠すことは許さない」とする評論文章を発表した。27日付で環球網が伝えた。

記事によると、朝鮮中央通信は26日に発表した文章の中で、日本が2019年版の「外交青書」で「性奴隷という言葉は事実に反しているため、使用してはならない」と規定したことに言及。「日本は『売春婦』『金のために望んで取った行動』などと強弁している」とした上で、「天や理を傷つける、厚顔無恥な強盗のような強弁は、白黒の転倒の極みであるとともに、性奴隷被害者および前世紀に日本の侵略によって種々の不幸と苦痛を飽くほどに受けた朝鮮民族全体に対する、耐え難き侮辱である」と批判した。

そして、「確固たる証拠が山のごとくある犯罪の事実を日本が公然と否認することは、侵略の歴史を歪曲し、歴史の清算を回避する無恥な行為」と断じた。

文章はさらに、安倍政権に対し「厚顔無恥な行為は、朝鮮民族に千年の宿敵の罪悪を清算せんとする意思を一層渙発(かんぱつ)させる」と警告した上で、「今のように極めて不適切な行為にすがり続けることなく、性奴隷の犯罪について人類に対し膝をかがめて罪を認め、誠意をもって賠償せよ」と要求した。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング