渡り鳥たちの楽園 甘粛省黒河湿地

人民網日本語版    2019年11月27日(水) 17時10分

拡大

ここ最近、甘粛省張掖市高台県の黒河湿地国家級自然保護区では、オオハクチョウやハイイロガン、アカツクシガモなど越冬する渡り鳥数千万羽が飛来している。渡り鳥たちがエサを食べ、水辺で遊び、飛来する姿は、冬を迎えた同風景区の風物詩になっている。

ここ最近、甘粛省張掖市高台県の黒河湿地国家級自然保護区では、オオハクチョウやハイイロガン、アカツクシガモなど越冬する渡り鳥数千万羽が飛来している。渡り鳥たちがエサを食べ、水辺で遊び、飛来する姿は、冬を迎えた同風景区の風物詩になっている。ここ数年高台県では、耕作地を湿地に戻し、植生を回復させ、生態系の水を補い、囲いの柵を作って飼育するといったような湿地の保護と管理を強化したことで、顕著な効果が表れている。黒河湿地には毎年数多くの渡り鳥がやって来るようになり、名実ともに渡り鳥の楽園となっている。中国新聞網が伝えた。(編集TG)

人民網日本語版」2019年11月27日

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携