Record China

ヘッドライン:

<コラム>国民党の蒋介石と共産党の林彪との接点「蘇州南園賓館」

配信日時:2019年12月3日(火) 22時40分
拡大
1/4枚
蘇州城内の中央に十全街という東西に走る街路がある。東端には蘇州城東門にあたる葑門がある。人民路から十全街に入りしばらく東に歩くと烏鵲(Wu-Que)橋と言う小さい平橋があるが、この橋は100年前ではこの辺り最大のアーチ橋であった(写真1)。烏鵲橋は蘇州城創成期からある古い橋で、2500年前の呉王「夫差」の住居「烏鵲館」が近くにあったことに由来する。天の川に鵲(カササギ)が渡る橋と言う意味である。

その他の写真

烏鵲橋を過ぎると右側に、蘇州南園賓館という古いホテルがある。南園賓館は1952年に蘇州市国賓館になり、50数年来の国内外要人が宿泊したホテルである。別荘方式で宿泊建屋が敷地内に点在している。その中に蒋介石の養子(次男:蒋緯国)の居寓であった建物があり、その3階は蒋介石の別宅であった(写真2)。

蒋介石は国民党の主席であり軍人でもあるが、彼が台湾に去るまで、こよなく蘇州を愛した一人でもある。蒋介石には4人の夫人がいた。ただ重婚ではないかと疑いたくなるほど奇妙と言うか巧妙に妻の実家の財産が目的の政略結婚をしたと言えよう。

最初の妻は蒋介石の故郷奉化県の毛福梅(1921年日本軍の空爆で死亡)であった。長男の経国は福梅の子になる。第二夫人(妾か?)が姚治誠で、養子である緯国を養育し、この別荘で共に生活をしていた。第三夫人が蘇州の金持ちの娘、陳潔如である。第四夫人があの宋家三人娘の三女、宋美齢である。実家の浙江財閥のお金とアメリカ育ちの雄弁な英語力で、彼の名前を世界に示させた賢夫人である。美齢が無くば、蒋介石は唯の軍人で終わったであろう。

この蒋緯国の居寓の地下が、何と共産党の林彪の地下アジトになったのだ。国民党が去った後、共産党副主席の林彪の寓居になった。林彪は抗日戦争時に肺に被弾し、大連や蘇州で治療する事が多く、この別宅を保養所とした。

毛沢東の国家主席撤廃案に対して、林彪がクーデターを蘇州で計画した。林彪の息子で空軍を指揮する林立果が毛沢東を倒し、新政権を樹立する事を計画した「571(ウチイ)工程紀要」を実施に移したが、事前に情報が漏れ妻の葉群とソ連に亡命する途中、モンゴル上空で墜落しパイロット他9名全員が死亡したクーデター未遂事件だ(写真3)。

林彪事件はおそらく近代中国史上最大の謎である。毛沢東の“最も親密な戦友”として文化革命推進に扮装し、次期後継者を約束された林彪が、ともあろうにも毛沢東暗殺に失敗、1971年9月13日モンゴル草原で墜落死した。蘇州城内のホテルであるが、国民党と共産党、意外なところで接点があるものだ(写真4)。

■筆者プロフィール:工藤 和直
1953年、宮崎市生まれ。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<コラム>さいたま新都心駅前「コクーンシティ」の原点は蘇州市の第一シルク工場にあった

江蘇省蘇州市南郊外南門路94号にある蘇州金葉絲服装有限公司は、蘇州日本人租界地跡にある会社で、その前身である蘇州第一絲廠は1924年創立の日本の蚕糸企業「片倉製糸紡績(現片倉工業)」が原点、工場名を“瑞豊絲廠”と言った。

工藤 和直
2019年8月16日 0時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング