「元徴用工への賠償、日本政府が関与する問題でない」=鳩山元首相の発言に韓国で称賛の嵐

Record China    2019年11月26日(火) 11時30分

拡大

25日、韓国・ニュース1は、鳩山由紀夫元首相の単独インタビューを掲載した。写真は鳩山元首相。

2019年11月25日、韓国・ニュース1は、鳩山由紀夫元首相の単独インタビューを掲載した。鳩山元首相は檀国(タングク)大学で名誉政治学博士の学位授与式に出席するため韓国を訪問した。

記事によると、鳩山元首相は日本の対韓国輸出規制の強化について「日本政府は強制徴用問題とは無関係だと主張しているが、タイミング的に見て報復措置だろう」と述べた。

また、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延期により日韓関係は対話の糸口が見えてきたようだが、「明るいばかりではない」と指摘。その上で「日本政府は国際人権法の常識を基本として、強制徴用被害者問題を韓国と真摯(しんし)に話し合い解決すべきだ」と呼び掛けたという。

韓国最高裁が徴用工問題で日本企業に賠償を命じる判決を下したことについての見解を問う質問には、「判決を尊重し、日本企業が賠償し迅速に解決しようとしていたところで、日本政府が引き止めた。遺憾だ」「徴用工などの被害者に対する個人賠償は政府が関与する問題ではなく、当事者である企業と被害者が円満に解決すべき事案だ」と答えた。

最後に「両国政府と国民に願うこと」を尋ねる質問には、「両国民が真実をきちんと学び、過去を乗り越えることが重要だ。日本は心から謝罪し、韓国は許す心を持つべきだ。それが出発点となり、明るい未来が続くことを信じ、お互いに努力する必要がある」と話したという。

檀国大学は「韓国に対する深い認識と友愛精神に基づき、東アジアの平和な未来に向け努めた業績は、独立運動家が設立した檀国大学の校是『真理奉仕』に符号する」とし、鳩山元首相に名誉政治学博士学位を授与した。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「この人は日本の良心だ」「立派な政治家」「こう考える日本人もいるんだな。自由韓国党の議員たちより、この人の方がずっといい」「首相在任期間が短かったのには理由があるんだな。正しいことばかり言うから、内部に敵が多かったんだろう」「政権が短くて残念。もっと長く友好協力ができただろうに」「こういう人が首相になれば、関係正常化も可能だろう」「日本国内からの批判にくじけず、真実を語ってくれてありがとう」「正しい歴史感と理性を持つ日本人もいるんだな」など、鳩山元首相を称賛する声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携