Record China

ヘッドライン:

韓国の高校生、「強制動員労働者」宿舎の保存を求め意見書提出

配信日時:2019年11月27日(水) 9時0分
拡大
2019年11月25日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の高校生が、日本の植民地時代に強制的に動員された朝鮮人労働者が使用していたとされる宿舎の保存を求める意見書を地方自治団体に提出した。

記事によると、この宿舎は韓国で「三菱列社宅」と呼ばれており、日本の陸軍が管理する軍需工場・三菱製鋼仁川製作所の労働者が居住していたとされている。工場の労働者のほとんどが強制的に動員された朝鮮人と推定されており、この社宅は当時の労働者らの生活様式を知ることができる場所として評価されているという。

仁川市富平区には社宅が9棟あったが、このうち3棟は住民の共同利用施設と行政福祉センターを建てるためにすでに撤去された。同区は来年の撤去が決まっている4棟については報告書を作成して他の場所に復元する計画で、残り2棟は処理方針がまだ決まっていないという。

同区と仁川高校によると、同校2年生のキム・ダジュンさんらは12日に社宅の保存を求める意見書と高校生519人の署名を富平区長に提出した。キムさんらは先月、社宅を踏査し、社宅の保存の必要性を他の生徒らに訴えるキャンペーンを行った。また、社宅の撤去を阻止し、歴史を記録する記念館などの設立を求める署名運動を行ったという。

キムさんらは「さまざまな活動を通して三菱列社宅を保存するべき理由が明確になった」とし、「強制徴用された朝鮮人労働者らの『奪われた青春』の証拠である社宅を撤去すれば、私たちはいつかつらい歴史を忘れてしまうかもしれない」と話した。その上で「もっと多くの人が私たちの歴史を知ることのできる記念館を設立してほしい」「富平区長にも歴史を守る活動に協力してほしい」と訴えたという。

これに韓国のネットユーザーからは「歴史的建造物を保存しようと努力する姿がとても誇らしい」「素晴らしい。自分が高校生のときはこんなこと考えもしなかった。応援している」「歴史を正しく記憶するために保存を訴える姿に胸を打たれた。彼らのおかげで韓国の未来は明るい」「高校生の歴史に対する認識とそれを受け入れる態度がかっこいい。こんなに立派な高校生がいるなんて喜ばしい」など高校生の活動を称賛するコメントが寄せられている。

また「記憶の場所として建物が保存されるよう願っている」「つらい歴史を後世に伝えるために建物が保存されればいいな」「宿舎を保存するべき。ドイツのアウシュビッツ強制収容所のように観光地として開発すれば、地域の財政にもプラスになるのでは?」など建物の保存を求める声も上がっている。(翻訳・編集/長居)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国、日本の世界遺産「後続措置」めぐりユネスコに圧力?

20日、韓国・聯合ニュースは、日韓関係が硬直した状態が続く中、日本が2015年にユネスコ世界遺産に登録した「明治日本の産業革命遺産」の2回目となる約束履行経過報告書の提出期限が10日後に迫り、その内容に関心が集まっていると報じた。写真は軍艦島。

Record china
2019年11月22日 7時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング