Record China

ヘッドライン:

ビクトリアハーバーに助っ人的存在の新フェリーが登場

配信日時:2019年11月28日(木) 21時50分
拡大
香港政府は11月20日よりホンハム(九龍側の日本人も多く居住するエリア)と湾仔(香港島の商業地区)、及び九龍城(九龍側の旧国際空港があった近辺の下町エリア)と湾仔を結ぶフェリーの無料運航を行い始めた。
(1/5枚)

警察とデモ隊の間で大規模な衝突が続いている香港。この衝突により、香港島と九龍エリアを結ぶ大きな役割をしているホンハムの海底トンネルが不通となっている。またMTR(地下鉄)の運行も不安定な状態にある中で、政府は11月20日よりホンハム(九龍側の日本人も多く居住するエリア)と湾仔(香港島の商業地区)、及び九龍城(九龍側の旧国際空港があった近辺の下町エリア)と湾仔を結ぶフェリーの無料運航を行い始めた。

その他の写真

今までビクトリアハーバーの両岸を結ぶフェリーとして活躍していた主なフェリーと言えば、観光客の足としても人気のスターフェリーであった。そこに、ホンハムトンネルが復活するまでの期間限定とはなるが、新しい路線が登場をした事になる。

この新路線のフェリーは平日の通勤時間は20-30分に1本、そして平日の昼間及び土日は1時間に1本程度の割合で両岸を結ぶ。無料のフェリーとあって、乗船するにはかなり待つ必要がありそうだ。しかし、限られた移動方法で生活をしている市民にとっては、ありがたいサービスとなっている。

九龍城行きのフェリーが出航する湾仔側の乗り場は、九龍半島に向かって、コンベンション&エキジビションセンターの先端のあたり。また、ホンハム行きはコンベンション&エキジビションセンターの左手奥となる。コンベンション&エキジビションセンター周辺へ行くと、乗り場を示した案内をところどころに見つけることができる。

このフェリー、トンネルなどの交通網が安定をするまでの暫定的なものとはなるが、暫くは香港居民の足として活躍をしてくれることになりそうだ。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「ビクトリアハーバーに助っ人的存在の新フェリーが登場」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

可愛すぎるキティ列車で台湾一周旅行へ!

今回ご紹介するのは電車の車両全部がハローキティ一色のイベント列車。大手旅行会社「易遊網」と台湾サンリオが手を組んで誕生させたのが今回のイベント列車「環島之星 Hello Kitty 繽紛列車」だ。

フライメディア
2019年11月22日 15時10分
続きを読む

中国から伝わった酸菜白肉鍋が台湾で大人気

寒くなるにつれ人気が出てくるのが「火鍋」=鍋料理の店だ。昨今台湾を旅行する日本人の間でも人気があるのが「酸菜白肉鍋」だ。今回は日本人観光客に人気の龍山寺からタクシーで5分ほどの場所にある人気店「金麥子」をご紹介しよう。

フライメディア
2019年11月16日 18時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング