Record China

ヘッドライン:

米政治屋はなぜ香港撹乱に全力を尽くすのか=CMG論評

配信日時:2019年11月23日(土) 13時40分

 中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)のラジオ局「大湾区の声」は22日、「米国の政治屋はなぜ香港撹乱に全力を尽くすのか」と題する論評を発表しました。

 論評は「香港で起きている暴力行為が沈静化しつつある中で、米国の一部政治家が『2019年香港人権・民主主義法案』を打ち出して、香港の秩序を破壊する暴力分子の行為を正当化しようとしている。彼らのような『政治屋』は、香港が混乱すればするほど、破壊されればされるほど、望ましいと思っている。もし香港が長期的な混乱に陥れば、その世界の金融の中心としての地位は失われ、金融とハイテクの分野の人材が香港を離れてしまう。これによって中国の金融市場は大きなダメージを受け、経済成長に悪影響を受ける」と指摘しました。

 さらに、「米国の一部の政治家や投資家は、香港が24日に実施する地区議員選挙に関与して、自ら養成した勢力を香港の政治の舞台に送り込もうとしている」とした上で、「香港の転覆を通じて、中国をけん制する。これこそが彼らの最大の目論みである。香港での暴力活動を通じて『カラー革命』を引き起こし、『一国二制度』と中華民族の統一事業を破壊しようとしている。長期間にわたって中国を消耗させ、中華民族の復興事業を抑制しようとしているのだ」としています。

 その上で、「このような『極限まで圧力をかけるやり方』に、中国が屈服することはない。香港に関する問題は中国の内政であり、米国が定めた今回の『法案』を中国が認めることはない」と強調しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】ネガティブリスト制度の健全化が中国市場に活力

 中国政府は22日「外商投資参入ネガティブリスト(2019年版)」を発表した。このことは、リスト形式の「外商投資参入ネガティブリスト」の制度体系が絶えず健全化され、完成されつつあることを意味しており、さまざまな市場参入の障壁を取り除き、ビジネス環境を改善していくという中国の固い決...

CRI online
2019年11月22日 22時45分
続きを読む

【CRI時評】火事場泥棒のように香港を乱すのは愚かな妄想だ

 米国連邦議会は最近、「2019年香港人権・民主主義法案」を可決することで、あからさまに過激な犯罪分子の肩を持ち後押しし、中国の内政に粗暴に干渉した。その魂胆は極めて邪悪で、民意の大勢に背くものであり、目的を達することはありえない。 下心ある米国の政治家がまず「計算」したのは、香...

CRI online
2019年11月22日 22時30分
続きを読む

CMGラジオ局、香港は米政治家によるショーの舞台ではない

 米上院がこのほど、「香港人権・民主主義法案」を可決したことを受け、中国人民は断固として反対とする強い非難を示すとともに国際世論は騒然としています。一部の有識者は、「米政治家のやり方は香港問題で中国を抑制するほか、香港をショーのステージにしようとしている。しかし、このみっともない...

CRI online
2019年11月22日 16時40分
続きを読む

【CRI時評】中国の知恵で「四つの赤字」の解消に

 「2019ニューエコノミーフォーラム」が21日、北京市内で開幕した。40の国と地域から来た政府関係者、元政府要人、ビジネスリーダー、イノベーション分野の専門家や学者が、世界経済が直面する重大な試練にいかに対応するかを協議することになった。中国はこのフォーラムで、中国国民は「ガバ...

CRI online
2019年11月22日 9時15分
続きを読む

【CRI時評】米国はダブルスタンダードを弄び、自業自得で恥をかく

 米国連邦議会下院は昨晩、いわゆる「2019年香港人権・民主主義法案」を可決した。これは中国の内政に粗暴に干渉し、国際法と国際関係の基本原則に甚だしく違反する行為だ。中国は激しく非難し、断固として反対する。この種の「ロング・アーム管轄権」の横暴な行為は成功しないだけでなく、米国の...

CRI online
2019年11月21日 20時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング