Record China

ヘッドライン:

日本で見かけた「おかしな中国語」をユニークに―第15回「中国人の日本語作文コンクール」最優秀賞が決定

配信日時:2019年11月23日(土) 9時20分
拡大
日本僑報社・日中交流研究所主催の第15回「中国人の日本語作文コンクール」の最優秀賞・日本大使賞受賞者が11月5日、上海理工大学大学院の潘呈(はん・てい)さんに決定した。
(1/2枚)

日本僑報社・日中交流研究所主催の第15回「中国人の日本語作文コンクール」の最優秀賞・日本大使賞受賞者が11月5日、上海理工大学大学院の潘呈(はん・てい)さんに決定した。

その他の写真

2005年にスタートし、今年で第15回を迎えたこのコンクールには、中国各地の208校の大学、専門学校、高校などから、前年を上回る計4359本もの作品が寄せられた。

外部有識者を含む審査員による3次にわたる厳正な審査を経たのち、最終審査は1等賞以上の候補となる6作品を北京の日本大使館に送付。現任の横井裕大使自らによる審査で、その中から今回の最優秀賞・日本大使賞が選出された。11月5日、日本大使館からの連絡を受けて、最優秀賞・日本大使賞を決定した。

日本大使賞を受賞した潘呈さんの作品「東京五輪で誤訳をなくすため、私にできること」は、来日時に見かけたおかしな中国語訳をなくすために、ネットを通じて正確な翻訳を提供するサービスを行いたいという、日本語を学ぶ若者らしい熱意とユニークな発想にあふれた作品。数次にわたる審査の中では、「東京五輪への夢」をテーマに選んだことも日中未来志向の一つの形として好感が持てたという評価が多かった。

潘呈さんの作品を含む3等賞受賞作までの計81本は、第15回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集として1冊の本にまとめられる。今を生きる中国の若者たちのリアルな「本音」「生の声」からは、日中関係の未来への明るい希望を感じ取ることができるだろう。(編集/北田

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング