Record China

ヘッドライン:

中国のサッカー選手はなぜ問題を起こすのか―中国メディア

配信日時:2020年4月16日(木) 20時30分
拡大
中国メディアの中国新聞網は15日、「中国サッカーはなぜいつもこうした“人材”が出てくるのか」と題した記事を掲載した。写真は中国サッカー協会。

中国メディアの中国新聞網は15日、「中国サッカーはなぜいつもこうした“人材”が出てくるのか」と題した記事を掲載。中国代表FW于漢超(ユー・ハンチャオ。33)が所属クラブを解雇された騒動に言及し、中国サッカー界を批判した。

于は先日、広東省広州市の路上で、自身の車のナンバーの「E」の文字を「F」に書き換えているような映像が撮影された。交通警察が事情を聞いたところ、本人が事実関係を認めたため、罰金5000元(約7万5000円)と15日間の行政拘留処分が科された。また、事件を受け、所属クラブの広州恒大は14日夜に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の公式アカウントで于の解雇を発表した。

記事は于について、広州恒大で174試合に出場、31ゴール、45アシストを記録するなど活躍しており、中国代表としても59試合に出場、9ゴールを挙げていることを説明した上で、「現時点で中国サッカー協会はこの問題についての姿勢を示していないが、中国代表としてのキャリアはおそらくこれで終了となるだろう」と予測。また、于が右足膝関節の手術から回復したばかりであることを挙げ、「このタイミングでプロ生活最大の危機を迎えることになった」と引退の可能性も示唆した。

そして、「中国サッカーにはすでに教訓が示されていた」とし、昨年9月に中国代表ゴールキーパーの張鷺(ジャン・ルー)が飲酒による危険運転罪で4カ月間拘留された事件に言及。張には中国サッカー協会から1年間の出場停止と代表資格停止の処分が下されたことに触れ、「半年ほどの間に2人の大物選手が相次いで違法の道を進んだことは、中国リーグの各方面に大きなプレッシャーを与えることになった」と論じた。

記事は、「客観的に言えば、違法行為は于個人によるものだ。しかし、有名選手であるがゆえにこの事件は大きな注目を集め、元々イメージが良くなかった中国サッカーや中国選手(実力が伴わないのに高給取りであると批判されることが多い)にとっては、間違いなく泣きっ面に蜂だった」と指摘。ネット上で批判の声が殺到していることに触れ、「本来、優れた成績と人々の手本となる言動が伴わなければならないが、成績は上がらず、似たような負の事件が頻発しているようでは、友好的な態度で見てもらえないのは言うまでもない」と断じた。

その上で、「なぜ中国リーグの大物選手はいつも自分を管理できないのか。中国サッカー界や選手らが経験してきた教訓は少なくないが、それらは決して大きな警告にはなっていないようだ。過ちの迷宮を行ったり来たりする中で、一体どこまで間違えば(迷宮の)突破に成功するのだろうか」と厳しく批判した。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング