Record China

ヘッドライン:

「日本に学ぶ」方針打ち出した中国サッカー協会に批判殺到=中国ネット「どうりで強くならないわけだ」

配信日時:2019年11月22日(金) 15時40分
拡大
中国サッカー協会が日本に学び、優秀な若手選手の海外移籍を後押しする方針を示している。中国メディアの環球時報が21日付で伝えた。

中国代表は、先日行われたカタールW杯のアジア2次予選でシリアに1-2で敗戦。試合後、リッピ監督が辞任を表明した。後任には中国人監督が起用されるのではないかとの憶測があり、一部メディアの報道では3人の名前が挙がっていた。しかし、中国サッカー協会の執行委員を務める戴暁微(ダイ・シアオウェイ)氏は「その情報は事実ではない。協会はまだリストも計画も出していない」とこれを否定した。

一方で戴氏は「近隣の日本に目を向けよう。日本のプロリーグの選手の給料は中国よりも低い。それもかなり低い。そして、多くの若い選手、優秀な選手が海外のレベルの高いリーグで活躍し、成長している。われわれは中国の若い選手たちに、国内のリーグに残り高い給料をもらうのではなく、レベルの高い(海外の)リーグに挑戦することを奨励していく」とした。

また、「選手の自主性も必要だが、協会がそうした政策を打ち出すことも必要」とし、クラブと連携して若手選手の海外移籍を促したり、海外のクラブやリーグと連携して選手の現地でのプレーや生活をサポートしたりすることなども計画しているという。中国では最近、海外出身選手の帰化が相次いでおり、サポーターの間ではこの「帰化による代表強化」に賛否両論が巻き起こっていた。

サッカーをめぐっては「日本に学べ」は中国で長年叫ばれてきたことだが、ネットユーザーの反応は厳しい。コメント欄には、「問題は、どの海外クラブから(中国選手に)お声がかかるかということだ」「基礎もできてないのに海外に行けると思うのか」といった指摘や、「日本には100年の構想がある。中国には5年計画もない」「日本はさまざまな規定やルールを整備し、計画に沿って一歩一歩事を進めている。あなた(協会)は海外移籍しか見えていない。どうりで強くならないわけだ」「今日は日本に学び、明日は韓国に学び…。信念がなくては何を学んでも意味がない」などと批判する声が並んだ。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<サッカー>中国は日本に学べない、なぜなら「民族性」がまるで違うから―中国メディア

中国のスポーツメディア・網易体育は29日、サッカーのアジアカップで中国が0—3で敗れたイランを相手に、日本が3—0で勝利したことについて「中国サッカーは日本に学ぶことはできない」と題するコラム記事を掲載した。写真は中国VSイラン。

Record China
2019年1月30日 21時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング