Record China

ヘッドライン:

日中関係が正常な軌道に戻った3つの要因、駐中国日本公使が中国メディアに語る

配信日時:2019年11月22日(金) 21時20分
拡大
2019年11月21日、中国国営の新華社は、日本の植野篤志駐中公使が中国で講演を行い、日中関係改善に至った要因を3つ挙げたと報じた。

記事によると、植野氏は20日午前、新華社世界問題研究センターの要請により、新華社のビルで「現在の日中関係の状況および展望」というテーマで講演を行った。

その中で植野氏は、日中関係を正常な軌道に戻った要因として「日中双方が、互いに協力してこそメリットになると認識した」「国際的に、両国が協力して世界の平和や繁栄に向けて貢献するよう呼び掛ける声が強まった」「日中の民間交流が発展し、政府の関係改善を力強く後押しした」という3点を挙げた。

そして、日中関係が改善するなかでなおも両国には一部に見解の相違や対立が見られるとした上で、「両国は互いに永遠の隣人であること、立場の違いが存在するのは自然なこと」をともに認識する必要があるとの考えを示し、両国が一層意思疎通や対話を守り続け、相手の主張を傾聴して一緒に対立を解決していくべきだと述べている。

さらに、両国はさらに政府間のハイレベルな往来をより活発にして互いの理解や信頼を増進するとともに、経済などでの実務協力のさらなる拡大、民間交流の増進が必要だとし、特にこれから両国の未来を背負う若い世代同士の交流に力を注ぐ必要があると語ったという。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

血液1滴でアルツハイマー病診断? 日本の研究チームの発表を中国ネット称賛「こういうニュースこそトレンドになるべき」「日本の医療技術に震撼」

名古屋市立大学などの研究チームは今月5日、1滴足らずの血液からアルツハイマー病かどうかを診断できる可能性のある検査法を発見した発表。中国のネットユーザーから称賛の声が上がった。資料写真。

Record China
2019年11月21日 16時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング