Record China

ヘッドライン:

英語版の旭日旗批判動画が一時「18禁」に? 韓国団体「日本のユーザーから攻撃受けた」

配信日時:2019年11月20日(水) 12時0分
拡大
韓国・聯合ニュースは19日、「日本の旭日旗は軍国主義の象徴だと主張する英語版の動画がYouTubeにより18歳未満閲覧不可の指定を受けた」とし、「その背景に関心が集まっている」と伝えた。

問題の動画は、インターネットを通して韓国の対外広報を行うNGO団体「VANK」が製作したもので、「旭日旗の真実」と題し、「アジア人にとって旭日旗は独ナチスのハーケンクロイツと同様の戦犯旗だ」と伝える内容。記事によると、19日現在、再生回数は約1万5500回で、1000余りのコメントが書き込まれていた。しかしこの動画にアクセスすると、18歳未満は視聴できないという意味の案内が表示されたという。

VANKの朴起台(パク・ギテ)代表は「同一の内容の韓国語の動画は何の制限もないが、英語版だけこのようになっているのは、日本の右翼ネットユーザーが集中的に通報を行ったためだ」と主張。動画をアップロードして以降、日本のユーザーから5000件を超えるコメントが書き込まれ、低評価が付けられるなど、「サイバーテロに近い攻撃を受けた」とも話している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「戦犯国日本、ノージャパン」「戦犯旗と言うべきだ」「YouTubeのアジアサーバーは日本が管理しているらしい。だから日本を批判する動画は不当な扱いを受け、削除もされると聞く」「反省しない、謝罪しない人間には天罰が下る」など日本への批判的なコメントが寄せられている。

また「同じように日本側の動画を通報しよう」「韓国人は何をしているんだ?日本側の韓国語動画に低評価をして、戦犯旗だと書き込もう」などの呼び掛けも寄せられている。

その他「韓国はインターネット大国ではなかったか?サイバー空間さえも日本に押されているのか?」「こんな状況でもユニクロで服を買い、日本旅行をし、日本酒を飲む人が増えているだって?」などの声も上がっている。

なお、20日午前9時現在は、動画は制限なく視聴できる状態になっている。(翻訳・編集/麻江)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング