「炭鉱跡地」が今では「美しい冬景色」の名所に―河北省

人民網日本語版    2019年11月25日(月) 5時0分

拡大

河北省邯鄲市叢台区にある紫山公園はもともと40の炭鉱がある鉱山だった。叢台区は近年、紫山地区の炭鉱を閉鎖・操業停止させ、工鉱業跡地の整備や生態修復・景観グレードアップも実施してきた。

(1 / 6 枚)

河北省邯鄲市叢台区にある紫山公園はもともと40の炭鉱がある鉱山だった。叢台区は近年、紫山地区の炭鉱を閉鎖・操業停止させ、工鉱業跡地の整備や生態修復・景観グレードアップも実施してきた。新華網が伝えた。

その他の写真

もともとスラグが堆積していた窪地に貯水量30万立方メートルの紫雲湖ダムを建設し、160種以上の樹木80数万本を植え、「桃花谷」、「湖心島」、「梯田花海(棚田状の花畑)」など様々な景観を20カ所以上作り上げた。初冬を迎え、紫山公園の景色もとりわけ美しさを増し、市民の憩いや観光にとって絶好の目的地となっている。(提供/人民網日本語版

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携