Record China

ヘッドライン:

<コラム>ここは西川口?池袋?名古屋のエスニックタウン新栄

配信日時:2019年12月1日(日) 14時10分
拡大
1/8枚
●点在する名古屋地区のエスニックタウン

その他の写真

東京に行くと大規模なエスニックタウンがいくつも存在する。さすが日本の首都だ。池袋駅北口、新大久保、西川口、最近ホットな新小岩など。特定のエリアに集中しているので、都内に居ながら外国旅行気分が味わえるというスポットだ。

じつは筆者の居住地、愛知県にもそういったエスニックタウンと呼べるエリアがいくつかある。その多くは90年代から製造業関係の出稼ぎの多かったブラジルを中心とする南米コミュニティ。かつては右翼団体も押し寄せ騒ぎとなったという豊田市の保見団地、近年アツいのは名鉄名古屋本線で名古屋にほど近い知立団地、港区の九番団地といったあたり。さらに、岐阜の可児、三重の鈴鹿といったエリアにもちょっとした南米エリアが存在する。いずれも東海地方ならではの製造業拠点にほど近いエリアとなる。珍しい食材を揃えたスーパーや串焼きのシュハスコレストラン、巨大なブラジル式ハンバーガーを提供するカフェテリアなど、おもしろい店が軒を連ねている。2008年のリーマンショックによる影響で、多くの人が本国へ帰ったりしたが、今もいる人々は前述のエリア近辺に新居を構えるなど、日本に骨をうずめる覚悟をした人が多い。(画像1 九番団地のブラジルレストラン)

一方、アジア系のエスニックタウンは南米系のエリアと違い、集中しているエリアは中区新栄周辺ぐらいだ。ここは飲食店、風俗店の立ち並ぶ繁華街、大通りには企業向けのビルが立ち並ぶエリア。若者の一人暮らしはまだしも、家族を抱えて生活するには少々厳しい環境だ。また、パキスタン人やネパール人のインド料理店と同じく、台湾料理の看板を掲げた大陸中国人の経営する中華料理店は郊外にもかなり多いため、実際の生活の場は分散されているように推測される。

●繁華街故のエスニック化

2007年、名古屋大学の浮葉正親助教授(当時)が記した『国立民族学博物館調査報告』によれば、名古屋でアジア系のエスニックタウンといえば、いわゆる「駅西」、「駅裏」と言われた名古屋駅新幹線口周辺(中村区椿町)周辺のコリアタウンがかつては有名であった。こちらは終戦後、不法占拠による闇市ができ、コリアタウンが形成されたものの、1964年の新幹線開通とともに立ち退きとなったが、朝鮮系銀行やキムチ店など多くあったため、1990年代前半まで名古屋市民はコリアタウンといえば「駅西」という認識であった。ところが、1990年代前半から、中区新栄、とくに瓦町交差点を中心としたエリアに、新たにニューカマーとしてやってきた韓国系の飲食店、商店が激増。コリアタウンはこちらの方が有名となった。1990年代後半から中国系の店が徐々に増加、やがてチャイナタウンを形成していく。

このあたりは筆者も同じ印象で、2005年ごろには中国系が完全に圧勝していたように思う。労働ビザ規制緩和の時期とも関係ありそうだ。もともとこのエリアは繁華街といえども、名古屋栄の錦あたりからすると格下の感は否めない。エリアの中学校はかつてケンカ市内最強といわれたほど、ガラは良いとはいえない地域でもある。また、数年に一度ぐらいの割合で発砲事件、殺人事件といった凶悪ニュースを振りまくエリアのため、栄地区に隣接しながらもテナント料も多少安く、若者や出稼ぎ移民が商売を始めるにはやりやすいエリアともいえる。

現在の様相は、多くの飲み屋、風俗店のひしめく中、おおまかに池田公園~瓦町が中国系、瓦町東側が韓国系、東急ホテルの裏あたりがフィリピン系とそれぞれの店舗が集中している。ただ、完全に分かれているわけではなく、同じテナントビルに同居していたりと、そのあたりは緩く共存している。

また、中国スーパーも数店舗あり、ラオガンマ、黒酢といった家庭で使える調味料のほか、冷凍の水餃子など業務仕様の食品もあるので、凝った中国料理を作る際はぜひ利用したい。(画像2 池田公園南の中国スーパー)

●新栄といえば中国東北料理店

そして新栄といえばいわゆる大陸中華、中国人による中国人のための中国料理店が軒を連ねることでも一部クラスタには有名。特に遼寧、吉林、黒竜江といった東北3省出身者による東北料理店が最も店の数が多くメインといえる。5-6年前までは、日本語が出来るスタッフが店にいない場合も多く、必然的に中国語でのコミュニケーションが必要であったが、最近は上手な日本語を話すスタッフが増えて、いくぶん敷居が下がった感がある。2000年前後から増えだしたこの手の中国東北料理店、いまや老舗となった3店舗を軽く紹介しよう。

「東北大冷麺」
最近、名古屋の中国クラスタの集会場所となっているこの店、「劉家西安刀削麺」「海鮮館」といった店舗を展開するグループのチェーン店でもある。場所は池田公園の1本南のブロック角、週末は昼間も営業、日曜以外は翌朝午前5時まで営業。(画像3 東北大冷麺)

「庄稼院」
筆者がハマった24時間営業の店。瓦町交差点すぐ北。壁一面の中国語新聞やぶら下がった干しトウモロコシなど店長手作りだそう。入口にはテイクアウトコーナーも。(画像4 庄稼院)

「延辺館」
朝鮮族の多い吉林省の街の名を冠したこの店、最初は雑居ビル1階で中国のローカル食堂を思わせる佇まいの店だったが、隣へ拡張。さらに2年ほど前、すぐ近くに高級レストランのような3階建てのビルを完成し移転。なかなか商売上手な店だ。昼間の営業はないが、夕方17時から開店し、閉店時間は翌朝午前5時。瓦町交差点1本東のブロック(画像5 延辺館)

これらの店はいずれも中国東北料理なのでメインとなるのは素朴な煮込み料理、焼き物中心、そしてなぜか「夫妻肺片」といった四川料理も多くの種類がラインナップされる。珍しいところでは蚕、狗肉といった東北料理ならではの食材を使ったメニューも。

このエリアには、ほかに上海料理、火鍋、カモ料理、モンゴル料理、麻辣湯、蘭州拉麺などさまざまな大陸中華の店があるが、競争も激しく、新しい店ができたと思えば数ヶ月で閉店したりと一筋縄ではいかないようだ。筆者も数回ほど通った新疆ウイグル料理の店が、先日、名古屋の中国クラスタに惜しまれながらも閉店してしまった。

●そしてニューフェース

前述した3店舗は地に足を下ろした定番といってもいいレストランだが、近年、新しいタイプの店も登場している。ここでもまた3店舗ほど紹介してみよう。

「張亮麻辣湯」
東京や大阪にもあるハルビン発祥のチェーン店。中国全土では3200店舗以上展開する大手。ほかの大陸資本チェーン店の名古屋進出も期待したいところだ。元あった瓦町交差点から200mほど北に移転したものの、元の居抜きに「張闖麻辣湯」というロゴがそっくりな店が入居。(画像6 移転前の張亮麻辣湯 )

「蘭州拉麺李」
東京でもブレイクした蘭州拉麺。名古屋では希少な専門店である。国道41を挟んだ東急ホテルの裏と瓦町の2店舗体制、繁盛している。(画像7 蘭州拉麺李)

「柏味食堂」
ひそかに名古屋の料理人にも注目されている店。早朝5時からの「早餐」や「小吃」に強み。夜メニューにはもちろん「鉄鍋炖」といった中国東北料理も。「延辺館」のすぐ近くにあったのだが、テナントビルの取り壊しにより休業、今月より移転オープン。本当かどうか不明だが、プロは「延辺館」で閉店のAM5時まで粘り、「柏味食堂」の開店に一番乗りし豆腐脳や包子で締めるらしい。(画像8 移転前の柏味食堂)

いつか行こうと思いつつ潰れて消えてしまった店も多数あるうえ、現役ながらも制覇しきれていない未入店の店も思いつくだけで10店舗以上。日本各地から消えてしまった秘宝館同様、行けるときに行かないとたぶん次はない可能性もある。こうなると一人のパワーでは限界があるので、みなさんと一緒に新規開拓したいところだ。新栄に限らず、おもしろそうなエスニック料理店があれば是非筆者のTwitter(@dqnfr)まで、タレコミ歓迎します。

■筆者プロフィール:岩田宇伯
1963年生まれ。愛知県瀬戸市在住。前職は社内SE、IT企画、IT基盤の整備を長年にわたり担当。中国出張中に出会った抗日ドラマの魅力にハマり、中国語学習の教材として抗日ドラマを鑑賞。ブログ、ツイッターで中国ドラマやその周辺に関する情報を発信中。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「韓国人になりたい」日本の女子が急増!でも韓流ブーム再燃には「まだ時間が必要」と韓国報道=ネットも「ごく一部の人だけ」「誇大妄想だ」

10日、日本で「韓国人になりたい」若い女子が増えているとの日本の報道を受け、韓国・SBSテレビが、日本での「韓流」復活の可能性を展望する記事を報じた。写真はTWICEのグッズ。

Record China
2017年12月11日 16時20分
続きを読む

日本各地に続々誕生する「新・中華街」―華字紙

31日、日本の華字紙・中文導報はこのほど、「在日中国人の存在感が強まる中、日本各地には、従来の中華街以外に、新たな『中華街』の原形ともいえる街が次々と姿を現すようになっている」と報じている。写真は池袋北口の中国食品店。

Record China
2019年8月2日 7時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング