Record China

ヘッドライン:

K-POP女性グループの“絶対的センター”アンケート調査、トップ5のうち3人が非韓国人メンバーに

配信日時:2019年11月19日(火) 19時40分
拡大
1/2枚
ここ5年以内にデビューしたK-POPの女性グループ20組の中から、絶対的センターを選ぶアンケート調査で、韓国人以外のメンバーがトップ5のうち3席を占めている。

その他の写真

このアンケートはこのほど、台湾のネット調査サイト「DailyView網路温度計」が行ったもの。今や世界中で人気のK-POPだが、女性グループの絶対的センターを台湾のネットユーザーが選出したこのアンケートで堂々1位に選ばれたのは、TWICEで活躍する台湾人メンバーのツウィ(周子瑜)だった。

2位はオーディション番組から選ばれた期間限定の日韓合同グループIZ*ONE(アイズワン)から、HKT48のメンバーでもある宮脇咲良が選ばれた。

3位は14年にデビューしたMAMAMOO(ママム)から、リーダーのソラ(Solar)が登場。4位はBLACKPINKのメンバーで、ユニットデビュー前から広告モデルとしても人気だったジス(JISOO)が選ばれた。続く5位には、今年は台湾でも人気急上昇した(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)から、台湾人メンバーで19歳のシュファ(葉舒華)が選ばれている。(Mathilda
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本の大衆文化開放20年、K-POP、衣食、コスメ、「玄海灘を渡ったのは韓国の大衆文化だった」と韓国紙

1998年に韓国・金大中政権が日本の大衆文化解禁に踏み切ってから20年が経過した。朝鮮日報はK-POP、衣食、コスメなどを例に「玄海灘を渡ったのは日本の大衆文化よりも韓国の大衆文化コンテンツだった」と強調した。写真は日本の韓流関連の展示。

Record china
2018年12月15日 19時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング