Record China

ヘッドライン:

終身栄誉賞のジョン・ウー監督、「狼 男たちの挽歌」リメーク版をルピタ・ニョンゴが辞退

配信日時:2019年11月19日(火) 22時0分
拡大
1/2枚
第39回ハワイ国際映画祭(HIFF)で香港の映画監督ジョン・ウー(呉宇森)が「Halekulani終身栄誉賞」を受賞。「狼/男たちの挽歌(ばんか)・最終章」のリメーク作品について、女優ルピタ・ニョンゴが出演を辞退したことを明らかにした。

その他の写真

このほど閉幕した第39回ハワイ国際映画祭で、香港および世界を股にかけた長年の映画界への功績を認められ、ジョン・ウー監督が「終身栄誉賞」を受賞。16日(現地時間)には授賞式にも出席している。

現在、ジョン・ウー監督が取り掛かっている新しいプロジェクトの一つは、1989年公開の香港映画「狼/男たちの挽歌・最終章」(喋血雙雄)をハリウッドでリメークするもの。ウー監督が2017年秋、中国の映画情報サイト「時光網」のインタビューで計画を明かし、翌年春にリメーク決定が報じられたものだ。

もともとは「ブラックパンサー」などで知られるオスカー女優ルピタ・ニョンゴを主演に据え、彼女に合わせて進行するとされていたこのプロジェクトだが、ハワイでインタビューに応じたウー監督が、ルピタ・ニョンゴが辞退したことを明らかにした。この理由について、「われわれが脚本を執筆するのに時間がかかりすぎている中、彼女は非常に人気が高いため、この決断をせざるを得なかった」と語っている。

「狼/男たちの挽歌・最終章」はタイトルに同じくウー監督の作品で、1986年に大ヒットした「男たちの挽歌」が入っているものの、同作とは無関係の作品。米国では「THE KILLER」のタイトルで公開され、香港映画では異例のヒットを記録し、ウー監督の海外進出のきっかけを作った。リメーク版は俳優チョウ・ユンファ(周潤發)が演じた孤独な殺し屋の役を女性にすげ替えるものだが、ウー監督によるとルピタ・ニョンゴに代わる別の女優のキャスティングを考えているという。(Mathilda
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング