離婚率は世界3位、10分に1組の夫婦が離婚=離婚夫婦の4分の1は国際結婚―台湾

配信日時:2013年8月27日(火) 22時50分
離婚率は世界3位、10分に1組の夫婦が離婚=離婚夫婦の4分の1は国際結婚―台湾
画像ID  394964
26日、台湾内務部戸政司の統計によれば、2012年の離婚件数は5万5980組に達した。資料写真。
2013年8月26日、台湾内務部戸政司(戸籍管理、人口調査事務を担当する部署)の統計によれば、2012年の離婚件数は5万5980組に達した。台湾・聯合報の報道をもとに新華網が伝えた。

その他の写真

このデータに基づけば、台湾では毎日150組以上の夫婦が離婚しているという計算になる。1時間だと6組、10分に1組が離婚していることになる。また、離婚する夫婦の4組のうち1組は国際結婚だという。さらに、台湾の離婚率は人口1000人に対して2.41件で世界3位という高順位だった。

内務部の責任者・李鴻源(リー・ホンユエン)氏は25日、離婚率が偏って高いことは深刻な議題であると指摘。また、「離婚率の上昇は先進地域が共通して抱える問題だ。台湾の離婚構成を分析すると、海外から来た移民が多く、環境適応などの要素が離婚率を高めている」と指摘。社会福祉の強化や関連する移民政策、結婚指導カリキュラムなどの実施により「移民ができるだけ早く台湾社会に溶け込めるようにしたい」と語った。(翻訳・編集/碧海)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事