Record China

ヘッドライン:

富士山静岡空港、訪日中国窓口地方空港NO.1に

配信日時:2019年11月19日(火) 8時20分
拡大
中国東方航空は11月から静岡空港と江蘇省連雲港市を結ぶ定期便を週4便新たに就航させると発表。北京に本社を置く奥凱(オッケー)航空も静岡-杭州線を新たに週2便運航することを明らかにした。

連雲港線は毎週火、木、金、日曜の往復運航を予定しており、156 席の機材を使用する。奥凱航空の杭州線は水、日曜に往復運転し、80 席の機材を使う。奥凱航空は関西国際空港にも杭州線を就航させる予定で、同空港と静岡空港を組み合わせた旅行商品を売り込むという。杭州線は、中国東方航空が冬ダイヤから毎日運航にする。北京首都航空も週2便を運航しており、奥凱航空を合わせると過去最多の週 11 便が運航されることになる。(編集/藤井)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国首相の訪日後、日本の態度が「強気」に変化?=韓国ネット「国産化成功はうそ?」

5日、韓国・ファイナンシャルニュースは、「先月の李洛淵首相の来日以降、日本の経済産業省の態度が強気になった」と報じた。画像はタイで行われたASEAN各国との首脳会議で記念撮影に臨む安倍首相と文大統領(韓国大統領府Facebookアカウントより)。

Record china
2019年11月7日 19時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング