薄煕来被告の公判が結審、異例のネット公開は投稿制限で賛辞のコメントのみ並ぶ―中国版ツイッター

配信日時:2013年8月26日(月) 17時40分
薄煕来被告の公判が結審、異例のネット公開は投稿制限で賛辞のコメントのみ並ぶ―中国版ツイッター
画像ID  394910
26日、中国・山東省済南市の中級人民法院(地裁)で開かれていた元重慶市共産党委員会書記、薄煕来被告の公判が結審した。判決は後日言い渡される。資料写真。
2013年8月26日、中国・山東省済南市の中級人民法院(地裁)で開かれていた元重慶市共産党委員会書記、薄煕来(ボーシーライ)被告の公判が結審した。判決は後日言い渡される。

その他の写真

薄被告は収賄や横領、職権乱用などの罪に問われており、22日の初公判開始から5日間にわたる審理が行われた。26日の裁判では薄被告の最終陳述が行われたが、「取り調べ段階で自白したのは政治生命を保ちたかったからだ」などと述べ、改めて起訴内容を全面否認。一方、検察側は「被告の罪は極めて重く、罪を認めようともしない。情状酌量の余地はない」として厳しい判決を求めた。

今回の裁判で同法院は、裁判の経過を公式ミニブログ(微博)上に書き込み公開するという異例の措置を取っている。これは、裁判の公平性や透明性をアピールするために取られたものだが、読者からの投稿を受け付けるコメント欄では、薄被告を支持する意見を投稿しても掲載前にはじかれるよう規制されているようだ。結果、「開かれた裁判」をほめたたえ、支持するコメントばかりが掲載されている。以下は実際のコメントからの一部抜粋。

「今回の裁判で(中国の)法治は大きく前進した。これはわが国の法に基づく統治を最も良く体現したものだ」
「法律の公正さと威厳をはっきりと示した裁判で、党と政府の自信を表している」
「実に公平な裁判だ」
「済南中級法院は中国法制史に大きな一歩を残した。(裁判の経過を)報告する文章は簡潔でレベルが高い」
「裁判官の皆さん、お疲れさまでした。皆さんは素晴らしい職業精神を備えた方たちです!」
「証拠を尊重して法律を畏敬することは、裁判官が必ず備えるべき資質だが、今のところ済南中級法院はなかなかよくやっていると思う」

当局ではコメントのフィルタリングを徹底しているとみられる。問題のあるコメントを掲載した場合は、「1〜2分後に反映します」とのウィンドウが表示されるが、実際には投稿内容に反映されない。さらに、被告をダイレクトに支持する内容を投稿しようとすると、「この内容は投稿できません」との表示が現れるようになっている。(翻訳・編集/碧海)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事