Record China

ヘッドライン:

大量の紙切れを目に入れられた女の子、「完治」のはずが…―中国

配信日時:2019年11月15日(金) 20時0分
拡大
中国河南省許昌市禹州市に住む小学2年生の女子児童の目から大量の紙切れが出てきた事件で、治療を終えた女子児童の目から再び紙切れが出てきた。中国メディアの澎湃新聞が14日付で伝えた。

今年9月28日、同市の小学校の休み時間に男子児童3人が女子児童を押さえ付けるなどして、目に小さく切った紙切れを押し込んだ。その後、母親が女子児童の目から紙切れが出てくるのを発見。出てきた紙切れはこれまでに数十枚に上るという。

女子児童は病院を繰り返し受診。10月25日には医師から「目の中に紙切れは残っておらず、症状もない」との診断を受けた。しかし、今月13日に女子児童の目から再び紙切れが出てきた。14日の朝には目が赤く腫れた。病院で検査した結果、炎症と眼底の充血が見られ、同省の規模の大きい別の病院でさらに詳しい検査と治療をすることになったという。

事件をめぐっては、「7、8歳の子どもたちのやったことだから、悪意を持ったものではないだろう。男児たちも『一緒に遊んでいただけ』と言っている」と説明した同校の校長に、ネット上で批判が集中した。詳しい状況や責任の所在等について、禹州市委員会が現在、調査を行っているという。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング