Record China

ヘッドライン:

「中国天眼」でチャーハン作れば、全世界の人に茶碗4杯ずつ行き渡る―中国メディア

配信日時:2019年11月14日(木) 16時40分
拡大
中国科学院の白春礼(バイ・チュンリー)院長は12日、第17回「財経」年次総会2020に出席し、スピーチを行った。

白氏は「中国天眼」(FAST)に言及した際に、「これは世界最大口径の電波望遠鏡で、直径は500メートルにのぼる。サッカーコート30面分に相当する。計算によると、もし大きな鍋のように、その中でチャーハンを作れば、全世界の人に茶碗4杯ずつ行き渡ることになる」と述べた。

500メートル口径球面電波望遠鏡(Five-hundred-meter Aperture Spherical Telescope,FAST)は貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州平塘県克度鎮のカルスト地形のくぼみに位置する国の重大科学技術インフラだ。「天眼」プロジェクトはアクティブ反射鏡システム、フィードサポートシステム、測量・制御システム、レシーバー・端末、観測拠点などからなる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

世界最大の電波望遠鏡に「大難題」、収集する情報多すぎ技術刷新せねばデータが単なるごみに―中国

中国新聞社など中国メディアは、貴州省に建設された世界最大の直径を持つ電波望遠鏡「FAST」について、情報処理の能力を大幅に向上させないと、このままでは「データがごみでしかない」状態になるとして、関係者の奮起に期待する記事を掲載した。

Record china
2018年9月26日 23時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング