香港ディズニー、デモ長期化で入園者減、通年で約300億円減収も―中国メディア

Record China    2019年11月13日(水) 20時50分

拡大

12日、中国新聞網は、香港ディズニーランドについて、「逃亡犯条例改正案をきっかけとした大規模デモの長期化により入園者数が減少し、通年の営業收入は前年から2億7500万米ドル(約300億円)の減少に陥る可能性がある」と報じた。写真は香港ディズニーランド。

2019年11月12日、中国メディアの中国新聞網は、香港ディズニーランドについて、「逃亡犯条例改正案をきっかけとした大規模デモの長期化により入園者数が減少し、通年の営業收入は前年から2億7500万米ドル(約300億円)の減少に陥る可能性がある」と報じた。

記事によると、ディズニーのクリスティン・マッカーシー最高財務責任者(CFO)はこのほど、「一連の抗議デモが香港ディズニーランドの業績に影響を与えている。入園者数が減少し、宿泊施設の稼働率も低下し、7~9月の営業収入は前年同期から5500万米ドル(約60億円)の減少となった」とした上で、「この状況が続けば、通年の営業收入は前年から2億7500万米ドルの減少に陥る可能性がある」と述べた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携