Record China

ヘッドライン:

韓国化粧品業界、中国「独身の日」ネット通販セールのために睡眠不足に―中国メディア

配信日時:2019年11月12日(火) 20時20分
拡大
11月11日は中国で「独身の日」と呼ばれ、毎年恒例のネット通販の大型セール(双11、ダブルイレブン)が行われる。これに関連し、中国メディアの第一財経は11日付の記事で、「ダブルイレブンが韓国の化粧品業界に影響、従業員の睡眠時間は8割減、ほぼ5日間寝ていない人も」と報じた。

記事はまず、「多くの韓国企業にとって、中国のダブルイレブンはすでに、消費者のお祭り騒ぎというレベルをはるかに超えたものになっている。韓国の化粧品業界関係者にとって、この期間は『眠られない夜』だ」とした。

続いて、韓国のある化粧品ブランドの海外事業責任者が、ダブルイレブンが迫るとSNSに「11月9日から12日まで連絡が取れなくなります。緊急の用件でもない限り、食事のお誘いはご遠慮ください」と投稿することを紹介した。

そして「この海外責任者の話はでたらめではない」とし、「韓国の求人サイトのジョブコリアのリポートによると、韓国の化粧品業界で働く人の睡眠(休憩)時間は、毎年11月11日になると大幅に減少し、一部の企業では睡眠時間が80%近く短くなるという。同リポートは、中国のダブルイレブンの到来が韓国の化粧品業界で働く人の睡眠に影響を与える『最大の元凶』とまで言及している」と伝えた。

記事はまた、中国の商務部と税関総署によると、2018年の中国の韓国からの輸入額は2046億500万ドル(約22兆3500億円)で、韓国は3年連続で中国にとって最大の輸入相手国であること、韓国現代経済研究院によると、韓国の化粧品や食品、健康食品などを含む消費者向け製品の対中依存度が60%を超えていること、アリババによると、11日の天猫(Tmall)のショッピングフェスティバルでは、開始から1時間で国内外84ブランドが売上高1億元(約15億6100万円)を突破したが、その中に韓国のブランドが2つ含まれており、人気輸入国・地域ランキングでも韓国は日本、米国に次ぐ3位となったことを紹介した。

そして、韓国ブランドの中で最速で売上高1億元を突破した、韓国化粧品大手のLG生活健康がプロデュースする高級コスメブランド「后(Whoo)」の営業部門の責任者が、第一財経の取材に対し、疲れた声で、中国のダブルイレブンに向けた準備などのためにほぼ5日間寝ていないと語っていることを伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング