Record China

ヘッドライン:

同じく開国を迫られながら、日本はなぜアヘンの害を避けられたのか―華字紙

配信日時:2019年11月16日(土) 0時0分
拡大
華字紙・日本新華僑報はこのほど、「同じく開国を迫られながら、日本はなぜアヘンの害を避けられたのか」と題する記事を掲載した。

記事はまず、イギリスと清によるアヘン戦争(1840~42年)の発端について、「イギリスでは茶や生糸の需要が増大し、中国からの輸入が増加した一方で、清ではその対価であるイギリスの絹織物や綿製品が売れず、イギリスは貿易赤字になった。そうした状況を解消するため、イギリスは、中国人にアヘンを売りつけるという邪道な考えを思いついた」とした。

そして、「イギリスがそれまでの年に銀200万~300万両の貿易赤字から銀600万両の貿易黒字へと華麗な転身を遂げたのに対し、清は『東アジアの病人』となり、国と国民は満身創痍(そうい)で、アヘン戦争に敗れたのも必然の結果だった」とした。

その上で、日本がアヘンの害を避けられた3つの理由として、「アヘン戦争が1840年に始まったのに対し、黒船来航はその13年後の1853年であり、清がアヘンによって東アジアの病人となり、イギリス人に打ちのめされるのを目撃し、イギリスとアヘンの恐ろしさをすでに理解していたこと」「清の鎖国政策に比べて、江戸幕府は西側列強に屈して市場開放を選択したため、イギリスも相互利益の観点から、日本にアヘンを強制的に売りつけるような考えを持たなかったこと」「幕府がアヘンの密輸を受けて規制を強化し、法を犯した者を流罪や死刑に処するようにしたこと」を挙げた。

3点目については、「日本の歴史学者の中には、当時の日本は武士社会であり、アヘンの誘惑に抵抗できたのは武士の強い精神によるところが大きいとの見方をする人もいるが、当然のことながら命のほうがより大事なのであり、武士道精神とは全く関係がない」とした。

そして最後に、「日本ではカタカナで『アヘン』、漢字の場合は『阿片』と表記するが、この読み方は(中国語の漢字の音で当てはめると)『阿恨(アーヘン)』となる。実際のところ、『恨』という字は当時の清の人々にこそふさわしいものだ」と結んだ。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国人はアヘン戦争の屈辱を忘れない=英国人死刑問題の背景とは―英紙

29日、麻薬密輸で有罪判決を受けた英国人アクマル・シャイフ死刑囚の死刑が執行された。英国の政治家、マスメディアは一斉に中国批判を繰り広げているが、一部では中国の主張に理解を示す声も上がっている。写真は国慶節に向けた国旗掲揚の演習。

Record china
2009年12月31日 12時25分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング