わが国の戦闘機のエンジンはもう輸入に頼らない―中国メディア

Record China    2019年11月12日(火) 7時30分

拡大

10日、新浪軍事は、これまで外国製エンジンを使用していた中国のJ-20およびJ-10C戦闘機に中国産エンジンが搭載されたと報じた。写真はJ-20。

2019年11月10日、新浪軍事は、これまで外国製エンジンを使用していた中国のJ-20およびJ-10C戦闘機に中国産エンジンが搭載されたと報じた。

記事は、先日ネット上でJ-20とJ-10Cに国産のWS-10エンジン(コードネームは「太行」)を積んで試験飛行する写真が出回ったと紹介。「これは、2つの戦闘機がすでに純国産化を実現し、大量生産に向けての障害が取り払われたことを意味する」と伝えた。

そして、「太行」エンジンの開発は1980年代に始まり、かねてよりJ-10戦闘機に組み合わせる予定で開発が進んだものの、当時の中国は経済的にも技術的にも限界があったため、完成品の性能も大きく限られてしまい、当初予定していたJ-10への搭載を見送り、ロシアのSu-27を国産化したJ-11Bにのみ搭載されたとしている。

その後、「太行」エンジンは改良が施され性能や信頼性が高まるも、これまでJ-10やJ-20には搭載されてこなかったという。

記事は、「太行」エンジンを積んで純国産化を実現したJ-20は来年には大量生産が可能だとする一方、新世代のターボエンジンに比べると性能で劣り、超音速巡航などJ-20が持つポテンシャルを発揮しきれないと指摘。このため、「太行」エンジンの搭載は過渡的なものになるとの見方を示している。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携