Record China

ヘッドライン:

わが国の戦闘機のエンジンはもう輸入に頼らない―中国メディア

配信日時:2019年11月12日(火) 7時30分
拡大
2019年11月10日、新浪軍事は、これまで外国製エンジンを使用していた中国のJ-20およびJ-10C戦闘機に中国産エンジンが搭載されたと報じた。

記事は、先日ネット上でJ-20とJ-10Cに国産のWS-10エンジン(コードネームは「太行」)を積んで試験飛行する写真が出回ったと紹介。「これは、2つの戦闘機がすでに純国産化を実現し、大量生産に向けての障害が取り払われたことを意味する」と伝えた。

そして、「太行」エンジンの開発は1980年代に始まり、かねてよりJ-10戦闘機に組み合わせる予定で開発が進んだものの、当時の中国は経済的にも技術的にも限界があったため、完成品の性能も大きく限られてしまい、当初予定していたJ-10への搭載を見送り、ロシアのSu-27を国産化したJ-11Bにのみ搭載されたとしている。

その後、「太行」エンジンは改良が施され性能や信頼性が高まるも、これまでJ-10やJ-20には搭載されてこなかったという。

記事は、「太行」エンジンを積んで純国産化を実現したJ-20は来年には大量生産が可能だとする一方、新世代のターボエンジンに比べると性能で劣り、超音速巡航などJ-20が持つポテンシャルを発揮しきれないと指摘。このため、「太行」エンジンの搭載は過渡的なものになるとの見方を示している。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング