Record China

ヘッドライン:

思惑とは裏腹?韓国大統領府が公開した写真が再び日韓対立の引き金に―中国メディア

配信日時:2019年11月11日(月) 14時30分
拡大
中国メディア・央視網新聞は10日、安倍晋三首相と韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領がバンコクで会談した様子を捉えた写真について、「(韓国側の)願いとは裏腹に、日韓に再び対立を引き起こしている」と伝えた。

安倍首相は4日、東アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議が行われていたタイ・バンコクで、文大統領の呼び掛けを受けて約13カ月ぶりに会談。2人の通訳とともにソファに座り、10~11分程度の話し合いを行った。

会談後、その様子を捉えた数枚の写真が韓国大統領府のウェブサイトをはじめ、多くのメディアに掲載された。しかし、産経新聞は8日付の記事で、写真は韓国側が日本側に無断で撮影、公開していたものだと指摘した。



産経新聞は、会談が行われた控室に当時入室できたのは、各国首脳とその通訳者のみのはずだったと説明。日韓外交筋の話を基に、撮影した人物は韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長だった可能性があると伝えた。そして、「日韓関係を改善させたい韓国が、一方的に首脳間の対話を内外に示そうとしたためだが、日本政府は用意周到な韓国側の“不意打ち”に対韓不信を強めている」と伝えた。

産経新聞はこのほか、韓国側が両首脳の接触を積極的に対外にアピールしているのに対し、日本外務省はホームページで文大統領との対話を紹介していないことにも言及。「日本側は正式な会談ではなかったとの立場からだ」と説明した。

一方、会談の様子を撮影したことについて、韓国のメディアは「他の首脳もいた開かれた空間だった」「他の首脳らとも一緒に写真を撮ったが、抗議を受けたことは全くない」などとし、問題はなかったとの認識を示しているという。

記事によると、デイヴィッド・スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、「文大統領と安倍首相は対話の機会を見つけ出した。これはポジティブな兆候だ」とコメントした。

また、中国国際問題研究院国際戦略研究所の蘇暁暉(ス・シアオフイ)副所長は、「日本側は実のところ、主導権は韓国側が握っていると考えていたが、立場に食い違いが生じ、(問題の)写真が発する情報は事実と異なると捉えている」と分析した。(翻訳・編集/岩谷)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング