Record China

ヘッドライン:

中国における日本アニメ普及史は海賊版の歴史そのもの―中国メディア

配信日時:2019年11月11日(月) 21時40分
拡大
2019年11月10日、中国メディアの観察者網は、中国国内における日本の漫画・アニメの「海賊版史」を紹介する記事を掲載した。以下はその概要。

現在のように中国で日本の漫画やアニメが深く愛され、サブカルチャー化するきっかけになったのは1980年代のことだ。しかし当時日本の漫画・アニメ業界は進んで海外市場開拓をする意思はなく、中国ではアンダーグラウンドの中で普及していった。

漫画好きの80年代生まれ、90年代生まれであれば、学校の入口の書店で海賊版を見たり、授業の合間に友達とこっそり漫画の話をした経験があるだろう。インターネット普及より前の時代は、海賊版漫画と愛好者たちの口伝えが流行を支えたのである。

また、当時の日本の業界は海賊版に対する反応が鈍く、海賊版の漫画は中国本土や香港、台湾だけでなく、韓国、シンガポール、タイ、マレーシアとアジア各国に拡散していった。

90年代に漫画と共に普及を支えたのはテレビでのアニメ放送だったが、放送映像の大部分は正規のルートから入手したものではなく、海賊版の映像だった。

2000年代に入ると当局が外国アニメのテレビ放送に規制をかけ、国産アニメを提唱する政策を取り始めた。しかし、国産アニメはまだまだ質、量ともに不十分であり、すでに普及しつつあったDVDが日本アニメ海賊版作品の一大市場になったのである。

やがてインターネットの時代が到来し、中国の動画サイトが正規のルートによる版権購入合戦を繰り広げるようになって、われわれはようやく正規版の日本アニメを見る機会が増えてきた。

いわば、日本アニメの中国ひいてはアジアの普及史というのは、基本的に海賊版の歴史なのである。版権という点で言えば悲しい話ではあるが、この歴史の中で2次元文化市場が醸成されていったのも事実なのだ。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「となりのトトロ」が公開5日で1億元突破!なぜ日本のアニメは中国人に好かれる?―中国

18日、中国の著名ウェブサイト・猫撲に、このほど中国で公開された宮崎駿氏のアニメ映画「となりのトトロ」が大きな人気を集めていることに関連して、「どうして日本のアニメは中国でこれほど好かれるのか」とする文章が掲載された。

Record China
2018年12月19日 14時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング