Record China

ヘッドライン:

ゲームに没頭しすぎた男性、ランキング「首位奪還」のため高速道路端に一時停車=罰金刑に―中国

配信日時:2013年8月21日(水) 13時2分
拡大
20日、中国・浙江省の高速道路で、車を路肩に止めゲームに没頭していた男性が罰金の処罰を受けた。
(1/3枚)

2013年8月20日、中国・浙江省の高速道路で、車を路肩に止めゲームに没頭していた男性が罰金の処罰を受けた。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

男性が没頭していたゲームは、中国のメッセンジャーアプリ「微信」が提供するシューティングゲーム。男性は安徽省に車で出張中だったが、携帯電話で同ゲームのランキングを確認したところ、前日まで1位だった自分が何者かに越されていることに気が付いた。すると男性はすぐに高速道路を走っていた車を端に寄せ、首位を奪還すべくゲームに没頭した。

男性の車はハザードランプを付けていなかったため、事情を聞くために警察が問いかけた。ところが男性は、「どんな処罰でも受け入れるから、これが終わるまで待ってほしい」とゲームの中断を拒否。その後、警察の説得でようやくゲームを停止し、警察からお灸をすえられ200元(約3000円)の罰金を受けた。(翻訳・編集/内山

関連記事

<続報>「尖閣は中国のもの!」叫んだ男、当初は自分が「日本人だ」と詐称―河南省鄭州市

6日、中国・河南省鄭州市で車を運転していた在日中国人の男性が、交通違反の取り締まりで車を停止させられた際、警察官に「尖閣は中国のものだ!」と叫んで違反を逃れようとした。このニュースに関する続報を8日付で日本の華字メディアが伝えている。

Record China
2013年8月9日 11時0分
続きを読む

ランキング